大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 新聞・雑誌

活躍する大東人に戻る

2021年04月16日

井島由佳社会学科助教 執筆記事 「今、なぜ”レジリエンス”なのか? 不確実で不安定な現代をポジティブに生き抜く知恵」が掲載されました〈Cept(健康経営情報誌)〉

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

株式会社T-PEC(EAP会社)発行の健康情報誌「Cept」vol.15に、井島由佳 社会学科助教の執筆記事 「今、なぜ”レジリエンス”なのか? 不確実で不安定な現代をポジティブに生き抜く知恵」が掲載されました。

掲載教員
井島由佳 社会学科助教
掲載先

「Cept」vol.15

掲載日

2021年4月15日

このページのTOPへこのページのTOPへ