大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 出版

活躍する大東人に戻る

2020年07月02日

野嶋剛社会学部特任教授著「なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか 」扶桑社

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
内容

わずか感染者442人、死者7人 
(日本:感染者約17,000人、死者約900人)※2020/5/31現在 
世界最速で「検疫」と「隔離」を徹底できた本当の理由

1“攻め"の水際対策――「感染症探偵」の活躍/大みそかの攻防
2ためらいなく対中遮断――政治・経済の脱中国化/マスクの自主確保
3“神対応"連発の防疫共同体――公衆衛生の専門家を重用/防疫医師制度

“民主主義"でコロナを撃退した「台湾モデル」の全記録! 

著者

野嶋 剛

発行年月

2020年7月2日

出版社
このページのTOPへこのページのTOPへ