大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 出版

活躍する大東人に戻る

2020年07月07日

靜哲人 英語学科教授著「日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの聞き方がいちばんよくわかるリスニングの教科書」テイエス企画

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
内容

どうしても聞き取れない英語を文字で見て「こんな簡単な単語だったのか!」と思ったことはありませんか?本書の目標は、知っている単語から構成された文であればすべて聞き取れるようになることです。知っている単語が聞き取れないのは「こう聞こえるはずだ」という間違った音声イメージが、実際の音への対応を邪魔しているからです。本書でそうした思い込みイメージを直していきましょう。

 

本書では大きく以下の4つのエクササイズで、「こう聞こえるはずだ」という誤った音声イメージを改めていきます。

 

(1) 単語と単語のリンキングに慣れる
(2) 文字と音声のイメージギャップに慣れる
(3) 日本語にない音の区別に慣れる
(4) 英語のリズムを意識して趣旨とディテールを聞き取る

 

とくにリンキングには力を入れ、あらゆるパターンに触れられるよう工夫してあります。

 

本書の構成

 

序章 リスニングについて知っておきたい3つのポイント
第1章 子音+母音のリンキングを切り分ける
第2章 子音+子音のリンキングを切り分ける
第3章 日本語にない音の違いを聞き分ける
第4章 見た目とのギャップに慣れる
第5章 英語リズムを味方につける
第6章 総仕上げトレーニング

著者

靜 哲人

発刊日

2020年7月13日

出版社
このページのTOPへこのページのTOPへ