大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 出版

活躍する大東人に戻る

2020年09月02日

第Ⅰ部第1章内藤二郎学長・社会経済学科教授執筆『現代中国を読み解く三要素_経済、テクノロジー、国際関係』

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
内容

【紹介】
日本の経済界にとっての中国の位置付けを考えるとき、重要となるのは、マーケットとしての重要性、生産拠点としての重要性、さらには中国のテクノロジーの革新がどのようなもので、それが世界経済や秩序にどのような影響を与えるのか否か、といったことである。本書はそれらと密接に関わる中国共産党の統治の問題もまた取り上げる。

 

 

第Ⅰ部 中国経済・社会の展望と課題

第1章 中国経済の動向と課題[内藤二郎]
1.はじめに
2.中国経済の動向
3.複雑化する対外関係
4.混迷を深める経済政策
5.経済政策の方向性と課題
6.むすび──課題の克服に向けて


(勁草書房 HPより引用)

編著者

川島 真、21世紀政策研究所

発行年月

2020年8月

価格

3,200円+税

出版社
このページのTOPへこのページのTOPへ