大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2019年08月06日

【カナダ】カレッジ・オブ・ザ・ロッキーズ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

こんにちは。私は法学部法律学科3年の仲田です。私は今年の5月から、カナダにあるCollege of the Rockies のELPの授業を受けています。今回は初めてレポートを書かせていただくので、大学についてとこちらでの滞在方法についてご紹介したいと思います。

 

【大学と授業について】

 私が通っているCollege of the Rockiesは、ブリティッシュコロンビア州のクランブルックというところにあります。山に囲まれた場所で、とても自然が豊かです。私は徒歩で通学しているのですが、その際に家の近くや大学の敷地内などで野生の鹿やリスを見かけることがあります。通学の手段としてはバスが便利ですが、徒歩や自転車通学の生徒も多いです。

 

私が現在受けているELPとはEnglish Language Programの略で、留学生向けに開かれている、英語を学ぶコースです。クラスは最初に行われるテストの結果によってレベル別に振り分けられ、平日の9時30分から15時20分(金曜日のみ11時50分)まで授業が行われています。このコースには、学部への進学を目指す人もいれば私のように短期間だけでも英語を学びたいという人など、留学の目的も年齢も国籍も様々な学生がいます。私は一番下のコースから始めたのですが、苦手としていた文法を学びなおすことができたので授業のレベルについて不安に思うことはありませんでした。この文章を書いているのは8月の上旬で、あと2週間ほどで期末テストが行われるのですが、その成績とこれまでの平常点によって次学期で授業を受けるクラスが決まります。

 

【滞在方法について】

私はホームステイをしています。家は大学から徒歩で20分ほどのところにあり、ホストファザーとホストマザー、中国出身のルームメイトと生活しています。私を受け入れてくださっているホストファミリーは非常に親切で、私の体調や大学のことをいつも気にかけてくださっています。ルームメイトはすでに大学を卒業しているので、家では時間が合わずあまり顔を合わせることはありませんが、会話をするときには私のつたない英語にも親切に付き合ってくれます。

 

留学生の滞在方法はホームステイや寮、ルームシェアなど様々だと思いますが、ホームステイの良いところのひとつは大学以外の場所でも英語を話す機会ができるという点だと思います。夕食時に今日の出来事を話したり、一緒に庭の花の世話をしたり、授業以外の場所で英語を話す機会ができるのは良い点だと思います。また、すでに帰国してしまっていますが、1か月ほどルームメイトだったブラジルからの留学生とは非常に仲良くなれました。アニメ鑑賞という共通の趣味があり、互いの好きな作品を紹介しあったり、同じ作品を観て感想を話し合ったりしました。彼女が出国してから2か月ほどが経ちましたが、今でもSNSで連絡を取り合っています。

 

【休日の過ごし方】

 休日は家にいることが多いですが、ホストファミリーと外出したり、大学のInternational office が主催するイベントに参加したりすることもあります。どのイベントも私にとっては経験したことがなかったり初めて見る景色だったりしたので、非常に新鮮でした。

 

 私は大学1年生の終わりごろから留学を検討し始め、2年生の前期中に留学することを決めました。法律学科の学生で留学する学生はあまりいないと聞いたので最初は不安でしたが、今では留学してよかったと思っています。もしも私と同じように留学を迷っている方がいらっしゃれば、ぜひ挑戦してほしいです。

Sam Steele Daysのパレードの様子 Sam Steele Daysのパレードの様子
International Officeのイベントで行ったバンフ International Officeのイベントで行ったバンフ
このページのTOPへこのページのTOPへ