大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2020年05月28日

2020年度 大東文化大学授業料減免の実施について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

本学は、「大東文化大学授業料減免規程」に基づき、経済的理由により就学が困難な学生に対して授業料の減免を実施します。今年度の授業料減免は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から対面での説明会及び申請書類の配布は中止とし、郵送による申請といたします。所定の申請書類をDBポータル(キャビネット)からダウンロードして記入の上、必要書類を揃えて申請期間内に郵送してください。

なお、これは申請者全員が授業料減免となるものではありません。

また、青桐会奨学金・同窓会奨学金についても、授業料減免申請者の中から選考されます。

※高等教育の修学支援新制度とは異なる大学独自の奨学金制度になります。

1.申請期間

2020年6月15日(月) ~ 2020年6月19日(金)締切(郵送必着)

※締切日厳守の上、申請期間内に郵送してください。

※申請期間外に到着した書類は審査対象となりません。ご注意ください。                      

2.申請書類ダウンロード方法

① DBポータルにログインしメニューバーのHOMEの「キャビネット一覧」を選択
② キャビネット一覧内の「00学生キャビネット(全学生共通)」を選択
③ 「00学生キャビネット(全学生共通)」内の「61学生支援センター」を選択
④ 「03学内奨学金(各種手続き資料)」を選択
⑤ 「01授業料減免」を選択
⑥ 「2020年度 授業料減免要項」 及び 「2020年度授業料減免申請書」をダウンロード

3.郵送方法

申請書類には個人情報が含まれているため、必ず配達記録が残る 「レターパックライト370円」 を使用し、下記の住所へ郵送してください。
※大学窓口への書類の提出は受付ておりません。

4.申請書類郵送先

※必ず申請者である学生本人が所属校舎へ郵送してください。

板橋校舎 : 学生支援課 授業料減免受付係 TEL:03-5399-7317

       〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1

東松山校舎 : 東松山学生支援課 授業料減免受付係 TEL:0493-31-1509

        〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560

5.選考結果の発表

授業料減免の審査結果通知は2020年8月5日(水)を目途に保証人住所宛に郵送いたします。
※独立生計者のみ学生(本人)宛に郵送いたします。
※電話による採用結果の回答はいたしません。

6.減免額および採用人数

(学部生及び大学院生含め)                   
  ①  在学する学科及び研究科の授業料全額            30名以内    
  ② 在学する学科及び研究科の授業料半額            120名以内    
                   
 

7.申請の要件

(A-1)から(A-4)の要件を全て満たす者 ※独立生計者含む
(A-1)本学の学部および大学院に在学する正規の学生
(A-2)同一生計家族の総所得が、下記9.の「所得の条件」を満たす者
(A-3)就学継続意志のある者
(A-4)下記8.の「単位修得条件」を満たす者

 

※下記のいずれかに該当する場合は、申請はできません。
(1)科目等履修生、委託研修生、研究生および交流学生
(2)外国人留学生
(3)留年生
(4)最短修業年限を超えている者(ただし、留学中の期間および休学中の期間は除く)

(5)入学前予約採用型奨学金(桐門の翼奨学金)を受けている者          
(6)在留資格が「留学」の者                    

8.単位修得条件

 2020年4月の時点で下記の単位修得条件を満たす者(卒業要件にかかる単位のみを修得単位とします。)

区分 学年  条件
学部  1年生  履修登録済みの者
 2年生  1年生の修得単位数が 31単位以上の者
 3年生  2年生の修得単位数が 62単位以上の者
 4年生  3年生の修得単位数が 93単位以上の者
大学院  修士・博士前期1年生  履修登録済みの者
 修士・博士前期2年生  標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者
 博士後期・1年生  履修登録済みの者
 博士後期・2年生  標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者
 博士後期・3年生  標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者

9.所得の条件 

 2019年1月より12月までの1年間、同一生計家族(本人の収入が130万円以上の場合は本人も含む)の総所得が下記の条件に該当する者
  (1)給与所得者の年間総所得(税込)が、400万円以下の者  
  (2)事業所得者の年間総所得が、218万円以下の者

 

 【学生支援センター事務室】 
      


 

このページのTOPへこのページのTOPへ