大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2019年03月15日

平成30年度私立大学等改革総合支援事業(タイプ4・5)に選定されました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 本学は、文部科学省が実施する「平成30年度私立大学等改革総合支援事業」において、タイプ4「グローバル化」及びタイプ5「プラットフォーム形成」に選定されました。
 タイプ4「グローバル化」は、国際環境整備、地域の国際化など、多様なグローバル化を支援するもので、本学の実践的な語学教育や留学生支援、多様なグローバル化への取り組みが評価されました。
 タイプ5「プラットフォーム形成」は、各大学等の特色化・資源集中を促し、複数大学間の連携、自治体・産業界等との連携を進めるためのプラットフォーム形成を通じた大学改革の推進を支援するもので、今回は本学が幹事校を務める「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム」※の計画・取組が採択されました。
今回の選定結果を受け、本学はさらなる魅力ある大学を目指し改革を推進してまいります。

 

※「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム」(TJUP:Saitama Tojo and West Area Universities Platform 計18大学・短期大学で形成)は、当該地域において、多様な高等教育及びリカレント教育の展開、人々が安心して安全に幸せに暮らせる地域づくりの推進をし、持続可能な地域社会の実現とその発展に寄与することを目的として形成されました。
詳細な取組等についてはリンク先をご参照ください。

「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム」サイト
このページのTOPへこのページのTOPへ