イベント

クリスマスコンサートが開催されました

12月15日(土)、大東文化会館では毎年恒例のクリスマスコンサートが開催され、約140名のお客様にお集まりいただきました。

今回は「ヴァイオリンとピアノで彩る冬のひととき」というタイトルで、ヴァイオリニストの沼野朱音さん、ピアニストの宇根美紗惠さんをお招きしました。

はじめに中村前館長によるご挨拶があり、和やかな雰囲気でコンサートが開演すると、河野館長リクエストの「戦場のメリークリスマス」や幅広い年齢層に人気のクリスマスソングなどが演奏されました。また今回は「ビアトリクス・ポターにちなんだ曲」ということで、ビアトリクスを寝かしつける際に乳母がアイザック・ワッツの賛美歌を歌って聴かせていたことから、彼が「Joy to the world!」の作詞を手掛けた「もろびとこぞりて」もご選曲いただきました。

学生時代からのご友人であるお二人の、息のぴったり合った演奏に会場全体が聞き惚れているご様子でした。

またそれぞれの曲の合間には沼野さん、宇根さんによる演奏曲や楽器についての解説があり、曲の意味、楽器の特徴などを理解しながら聴くことでより楽しむことが出来ました。

繊細なヴァイオリンと温かみのあるピアノの音色に、少し早めのクリスマスを感じるひとときとなりました。