News

2019年11月13日

スポーツスケート部

【スケート部】アイスダンス 第45回東日本フィギュアスケート選手権大会 優勝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

深瀬理香子(英語学科4年)・張睿中(カナダ)組が、第45回東日本フィギュアスケート選手権大会(11月3日~4日:滋賀県立アイスアリーナ)において、国内初戦を148.06点のパーソナルベストのスコアで、優勝を果たしました。
次戦は、12月18日からの第88回全日本フィギュアスケート選手権大会(東京・代々木第1体育館)に出場します。
前パートナー立野在選手(法政大)の怪我引退に伴い、今シーズンより新しく組んだこのダンスカップルは、息の合った演技で、これからも「世界」を目指します。

応援よろしくお願いいたします。

深瀬選手のコメント

東日本選手権が終わりました。リズムダンスもフリーダンスも、とても緊張しましたが、2人で一緒に頑張れたと思います。
来月の全日本選手権に向けての練習も頑張りたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

深瀬理香子選手(英語学科4年)・張睿中選手(カナダ) 深瀬理香子選手(英語学科4年)・張睿中選手(カナダ)

Page Top