大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:東京都/校種:中高共通/教科:英語

今野 豪哉さん

自分の勉強の仕方を確立していくために周りの友達と情報交換をたくさんするといいと思います。

Q.教員を目指した理由は?

私が今までお世話になった先生に憧れて目指そうと思いました。どの先生も私が何かに悩んだとき、親身になって話を聞いてアドバイスをしてくれました。特に進路で悩んだときは、自分のことのように一緒に考えてくださいました。今思い返せば、あの時、最高の選択ができたからこそいまの自分があると思います。このことから、教員はよくも悪くも生徒を導ける存在であることを自覚したので、私は生徒の可能性を広げられる教員になるために頑張ります。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

教職セミナーはぜひ利用した方がいいです。勉強の進め方が分からない、何をすればいいのかわからない、些細な悩みでも聞いてもらえました。専任の職員の方は全力でサポートしてくれます。さらにセミナーに参加している同じ教員を目指す友達ができます。一人では勉強に集中できなくても周りの友達がいれば頑張れます。それだけでなく苦手なことを教えあったり、教職についての考え方を聞けたり刺激がもらえる環境だと思います。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
今野 豪哉さん

自分の受ける自治体の特徴を知ることをスタートにコツコツと積み重ねることが大切だと思います。自分の勉強の仕方を確立していくために周りの友達と情報交換をたくさんするといいと思います。どの試験でも、教育実習で学べたこと、実際に感じたことなどは役に立ちます。教育実習に行くだけのお客さんにならず、準備をしてください。そして1番は思いの強さだと思います。なぜ目指しているのか原点を忘れず頑張ってください。

このページのTOPへこのページのTOPへ