大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:新潟県/校種:小学校/教科:全教科

西潟 美那さん

どの分野においても自分の苦手を知ることが大切だと感じました。

Q.教員を目指した理由は?

私は、小学生の頃に出会った恩師の影響で教員を目指すようになりました。教員になりたいという気持ちが強くなったのは、大学に入り、アシスタントティーチャーや学習支援ボランティアを始めてからです。たくさんの子どもたちと出会い、子どもたちの成長に携わることのできる教員という職業に魅力を感じ、教員になりたいという思いが強くなりました。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

私は大学2年生のころから教職セミナーに参加をし、教員採用試験の勉強をしていました。最初の頃は何から勉強するべきなのか全くわからず、不安に感じていましたが、セミナーの先生に相談をしたり、友達と一緒に勉強したりすることで、自分なりの勉強方法を見つけることができるようになりました。教員採用試験は一人では乗り越えることができなかったと思います。教職セミナーや合宿に参加をすることで、一緒に勉強する仲間や、支えてくれる先生、職員の方に出会えると思います。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
西潟 美那さん

小学校全科と一般教養は似ている部分が多々あるので一緒に勉強していました。教職教養は暗記がたくさんあるので、繰り返し行うことが大切だと思います。どの分野においても自分の苦手を知ることがとても大切だと感じました。筆記の勉強は長時間していると疲れてしまうので、私は、時間を決めて友達と教職クイズなどをしていました。教員採用試験は団体戦だと思います。同じ夢に向かって、仲間と一緒に頑張ってください。

このページのTOPへこのページのTOPへ