大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:福島県/校種:特別支援学校 高等部/教科:保健体育

矢内 創さん

教職セミナーで出会った先生方や仲間のおかげで成長できたと感じています。

Q.教員を目指した理由は?

中学生の頃の保健体育の先生への憧れが1番大きな理由です。体育の授業で様々な競技を高いレベルでこなす姿や全ての生徒に対して愛情をもって接する姿にとても影響を受けました。先生のような専門性が高く、教育的愛情を持った教師になりたいと思っています。
また、大学での教職課程の授業や介護等体験、ボランティア活動を通して特別支援教育の重要性を強く実感したとともに、障害を持つ生徒が自立や社会参加をするための手助けを行いたいと思い、特別支援学校の教師を目指すようになりました。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

私は教員採用試験に向けて勉強を始めようとしたときに何から始めるべきかわかりませんでした。そんな時友達からの誘いを受けて教職セミナーに参加しました。教職セミナーには経験豊富な教職担当の先生方がいらっしゃり、一からご指導を受けながら勉強に取り組むことができました。また、教職セミナーでは教師を志す仲間と一緒に勉強をすることができ、仲間たちから多くの刺激を受けて勉強を続けることができました。教職セミナーで出会った先生方や仲間のおかげで成長できたと感じています。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
矢内 創さん

まずは教職セミナーに足を運び先生方から資料をいただくことから始めました。部活動や授業でなかなか教職セミナーに参加できないときにそれらの資料を活用して少しずつ勉強をしていました。本格的に取り組むようになってからは自分が受験する自治体の傾向をよく分析して何度も繰り返し勉強しました。勉強が嫌になることもありましたが、一緒に勉強をしてきた仲間達に助けられ最後までやりきることができました。これから教師を目指す皆さんには、先生方や一緒に勉強する友達などに頼りながら、夢をかなえるために頑張ってほしいです。

このページのTOPへこのページのTOPへ