大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:埼玉県/校種:小学校/教科:全科

荒木 航太さん

教師の仕事はこれからの社会を担っていく子どもたちを育てる、とても夢のある仕事だと思います。

Q.教員を目指した理由は?

教員になりたいと思ったのは、高校生の時です。人と関わることが大好きだったこと、体を動かすことが好きで部活動も一生懸命に取り組んだ経験から、初めは保健体育の教員を目指しスポーツ科学科に進学しました。しかし、大学1年の時に、キャンプのボランティアに参加し、小学生と関わる体験をきっかけに小学校教員に魅力を感じ、副免許の形で履修を始めました。教師の仕事はこれからの社会を担っていく子どもたちを育てる、とても夢のある仕事だと思います。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

教職セミナーでは、同じ教員を目指す仲間と出会い、刺激し合い、楽しみながら勉強することができました。教員採用試験に特化したとても力のある先生が多くいらっしゃる素晴らしい環境です。採用試験で最難関の面接も、セミナーで何度も練習を繰り返せば自信をもって試験に臨めます。また、先生方からの指導やお話しを聞く中で、教員へのイメージが膨らんでいきモチベーションを保つことができました。採用試験は決して一人では乗り越えられないと思います。教職セミナーでの多くの仲間や先生との出会いは、一生の宝物になると思います。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
荒木 航太さん

採用試験の勉強は、まずは敵を知らないといけないと思い、過去問の分析から始めました。筆記の勉強では最初のこれが一番大切だと思います。あとはひたすらに暗記することです!そして、毎日少ない時間でも継続していけば必ず力になるはずです。また、私自身、勉強に行き詰ったときには、「初心」を考え直すようにしていました。「どんな先生になりたいのか」「先生になってどんなことにチャレンジしたいのか」、改めてじっくり考えてみると意欲が湧いてきます。自分が教える子どもたちをイメージしながら、志を高く持って頑張ってください。

このページのTOPへこのページのTOPへ