大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:埼玉県/校種:高校/教科:書道

金澤 頌さん

仲間と声を掛け合い、一緒に頑張れたことが、自分の力になっていきました。

Q.教員を目指した理由は?

身近にいる母の影響を受けました。母は高校で書道の講師をしており、書道に一所懸命に向き合う姿や、生徒のために頑張る姿を見て、私もこういう教師になりたい、と思うようになりました。また、大学1年の夏から塾講師のアルバイトをし始めたことも大きなきっかけとなりました。生徒に合わせた教え方を工夫するのは難しく、うまくいかないこともありましたが、根気強く考えることで最終的にわかってもらえたときの喜びが大きく、この経験を将来に生かしたいと思いました。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

本格的にセミナーに参加し始めたのは3年生の10月頃でした。何から勉強したら良いかわからなかったのですが、先生方や先輩方が丁寧に指導してくださり、順調に勉強を進めることができました。また、同じ教員を目指している仲間と切磋琢磨できる環境が本当に整っています。仲間と声を掛け合い、一緒に頑張れたことが、自分の力になっていきました。教員を目指している人は是非参加してほしいです。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
金澤 頌さん

筆記試験の対策をする際は、参考書はいくつも買わず、使い慣れたものだけを使用しました。参考書やプリントの復習を何度も行い、内容が理解出来たら問題を解く、ということをひたすら繰り返しました。また、覚えられなかった内容はノートにまとめ直したり、スマートフォンで単語帳を作成したりして、効率よく確認できるようにしていました。面接・小論文は先生方に指導していただくことはもちろん、仲間と情報共有しながら対策をしていました。
勉強していて辛いことが沢山あるとは思いますが、「教員になりたい!」という強い気持ちをもって頑張ってください!

このページのTOPへこのページのTOPへ