大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:静岡市/校種:小学校/教科:全教科

小林 章子さん

皆さんのことを待っている子どもたちのためにも、仲間と一緒に励まし合いながら頑張ってください!

Q.教員を目指した理由は?

私が教員を目指したのは、高校時代の恩師との出会いがきっかけです。恩師に支えられた経験から教員という仕事に魅力を感じ、私自身も教員として子どもの力になりたいと考えるようになりました。大学に入って、ボランティアで子どもたちと実際に関わるうちに、その思いはさらに強くなっていきました。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

セミナーのおかげで採用試験を乗り越えることができたので、参加して本当によかったと思っています。今年はオンラインでやる事が多かったですが、校種関係なく、みんなで支え合いながら試験対策をすることができました。また、私は地方を受験したので対策が十分にできるか不安でしたが、セミナーで先輩を紹介してもらって同じ自治体の人とつながりができたので、とても助かりました!

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人へのひとことアドバイス!
小林 章子さん

まずは受験する自治体の特徴を調べて、よく出題される分野と自分の苦手分野を中心に勉強していました。また、面接が一次からあったので面接練習も早めに始めました。
採用試験は仲間の支えが不可欠だと思います。そして、その仲間はきっと教員になってからもお互いを支え合う大切な存在になると思います。皆さんのことを待っている子どもたちのためにも、仲間と一緒に励まし合いながら頑張ってください!応援しています。

このページのTOPへこのページのTOPへ