News

2018年06月20日

日本学生陸上競技個人選手権大会で本学2選手が優勝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 2018日本学生陸上競技個人選手権大会(於Shonan BMWスタジアム平塚)が6月15日から17日までの3日間にわたって行われ、本学陸上競技部は安田圭吾選手(スポーツ科学科1年)が男子200mで優勝を果たした。
 また、女子の部では鈴木優花選手(スポーツ科学科1年)が女子5000mにおいて、大会新記録での優勝という快挙を成し遂げた。

≪主な競技結果≫

◇鈴木 優花(スポーツ科学科1年) 女子5000m 優勝 記録15:46.84 ※大会新記録
◇安田 圭吾(スポーツ科学科1年) 男子200m 優勝 記録20.88

  • 女子5000m中央:鈴木優花選手 女子5000m中央:鈴木優花選手
  • 男子200m中央:安田圭吾選手 男子200m中央:安田圭吾選手
  • 男子200m:安田圭吾選手 男子200m:安田圭吾選手

◇日本学生陸上競技連合HP  http://www.iuau.jp/ev2018/18kojin/18kojin.html
◇スポーツ大東編集部Twitter https://twitter.com/supodai

 

Page Top