大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

Google ドライブについて

前のページに戻る

Google ドライブについて

2017年6月より、STアカウントを持つ、学生、教職員は、Google ドライブを利用できるようになりました。

Google ドライブとは・・・

Googleドライブは、クラウド上で、ファイルを保存したり、共有できるサービスです。

iPhoneやAndroid、PCでは、Windows、Macにも対応しています。

一般ユーザーの容量は15GBですが、大東生は無制限です。(2017年9月現在)

Google ドライブを利用するには・・・

Google ドライブを利用するには、Gmailのパスワードを取得する必要があります。

まずは、Gmailパスワードを情報センターのホームページより取得してください。

Yドライブのバックアップ(先生向け)

【教室または図書館のパソコンで行う手順】

1.Gmailパスワードを取得する。

Googleドライブを利用するには、Gmailパスワードが必要です。情報センターのホームページよりGmailパスワードを取得してください。

「Gmail パスワード取得」ページで必要事項を入力後、設定ボタンを押してパスワードを設定します。

 

【stアカウント ユーザ名】
t+教職員番号
【stアカウントパスワード】
情報教室、DBポータル、シラバスで使用しているパスワードを入力します。
【「姓」「名」】
「姓名」:送信者名です(あとからでも変更できます)。
(例)「姓」太郎(Taro)  「名」大東(Daito)
「姓名」は、この入力順で「大東 太郎」となります。
【Gmailパスワード】
Gmail用のパスワードを設定します。

 

2.YドライブのデータをGoogleドライブへアップロードする。

 

Gmailにログインします。

(Gmail用に設定したパスワードを使用します。)

「アプリランチャー」のアイコンをクリック。

 

 

「ドライブ」をクリック。

Googleドライブが開きます。
「マイドライブ」が表示されています。

 

デスクトップにある「Yドライブショートカット」をダブルクリックし、Yドライブを開きます。

移行したいデータの一覧をウィンドウに表示します

「すべて選択」をクリックして、ウィンドウに表示されているフォルダのすべてを選択します。

選択されたファイルをマイドライブにドラッグ&ドロップします。ファイルがアップロードされます。

 

「~完了」が表示されれば、アップロードは終了です。

アップロードしたファイルのアイコンがGoogleドライブに表示されます。

3.データをダウンロードする。

ダウンロードするファイルを選択して右クリック。ダウンロードを選択します。

 

「~ポップアップがブロックされました」が表示されたら、「常に許可」を選択します。

「名前を付けて保存」を選択すると、任意の場所に保存されます。
※デフォルトは、ダウンロードフォルダです。

 

※保存ボタンが表示されない場合は、ウィンドウの左下にファイル名が表示されます。(ファイルはすでに保存されています。)
「フォルダを開く」で「ダウンロード」フォルダが開きます。

 

【備考1】
Google Chromeを利用するとフォルダごと保存できます。
Internet ExplorerやFirefox、Safariを使用する場合は、ファイルごとの操作になります。
 

【備考2】
バックアップは、なるべく大学設置のPCをお使いください。
(ご自宅でYドライブに接続するには、VPN接続が必要です。)
 

このページのTOPへこのページのTOPへ