大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

ネットワーク

利用方法(Windows)

前のページに戻る

ここでは、持込みパソコン(Windows)で有線LANを利用し、インターネット接続、各ネットワークドライブ(「Yドライブ:課題配布/提出フォルダ」や「Zドライブ:個人データ領域」)の接続、情報実習教室等に設置している白黒レーザプリンタでの印刷方法を説明します。

はじめに

学内で持込みパソコンから有線LANを利用し、ネットワークドライブやプリンタの利用をおこなうにはWeb認証が必要です。
下記の1~3を参考に設定をおこなってください。

 

  1. Web認証 (学外から接続する場合は必要ありません。2.ネットワークドライブへの接続へ進んでください。)
  2. ネットワークドライブ(「Yドライブ:課題配布/提出フォルダ」「Zドライブ:個人データ領域」)への接続
  3. 持込みパソコンからの印刷(白黒レーザープリンタ)

 

無線で利用する場合の接続方法はこちら

 
(注意)

  • 有線LAN・無線LANで利用する場合、どちらもWeb認証が必要です。
  • 持込みパソコンを有線で利用する場合は「Type-Cコンセント」に接続しなければなりません。
  • 「Type-Cコンセント」(情報コンセント)の詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

1.Web認証

1.Webブラウザを起動。
※ここでは「Internet Explorer」を使用します。

 

2.「ログオン認証画面」が表示されます。ユーザ名とパスワードを入力し「Login」ボタンをクリック。
[userID]欄入力例:
情報実習教室・DBPortal等で使用しているユーザ名を入力。
・学生... s(小文字)+学籍番号
(例:01012345→s01012345)
・教職員... t(小文字)+教職員番号
(例:012345→t012345)
[password]欄:
情報実習教室・DBPortal等で利用しているものを入力。

3.「認証成功」画面が表示されます。
※エラーが表示された場合は、[back]を選択し、再度認証操作をおこなってください。

ログアウト

接続を終了する場合は、アドレス欄に以下のURLを入力し、「Logout」ボタンをクリックして下さい。

板橋... https://i-auth.type-c.st.daito.ac.jp/
東松山... https://h-auth.type-c.st.daito.ac.jp/

2.ネットワークドライブへの接続

板橋・東松山校舎「Y ドライブ:課題配布 / 提出フォルダ」や「 Z ドライブ:個人データ領域」の各ネットワークドライブに接続することが可能です。

(注意)持込みパソコン利用の方
無線LAN接続
-Web認証を済ませておく必要があります。
無線LANの利用」を参照し、認証をおこなった上で、ネットワークドライブやプリンタの利用が可能です。

有線LAN接続
-Web認証を済ませておく必要があります。「Web認証」を参照し、Web認証をおこなってください。

 

(注意)学外から接続利用の方
ネットワークドライブに接続するには、VPN接続認証を済ませておく必要があります。

接続先ネットワークドライブの確認

ここでは板橋校舎のYドライブや個人データ領域への接続方法を説明します。東松山Yドライブや個人データ領域への接続方法も同じです。
以下を参考に「ドライブ名」・「接続先」を各自で設定してください。
まずは、下記一覧で接続したい校舎の接続先を確認してください。
※各校舎個人データ領域接続時には必ず「ユーザID」を入力してください。

 

Yドライブおよび2016年度以降のWindows、2015年以前のWindows、Linuxの個人データ領域
板橋 Windows/旧Linux
Y: ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y
Z: ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥(ユーザーID)

東松山 Windows/旧Linux
Y: ¥¥h-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y
Z: ¥¥h-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥(ユーザーID)

※ 接続パスを上記の表からコピー&ペーストで接続できない場合は、手入力してください。

 

ユーザID:

学生... s(小文字)+学籍番号 (例:01012345→s01012345)

入力例:¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥s01012345

 

教職員 ... t(小文字)+教職員番号 (例012345→t012345)

入力例:¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥t012345

2016年度以降のMacと2015年度以前のMacの個人データ領域
校舎名 Mac
板橋 ¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥machome¥(ユーザーID)
東松山 ¥¥h-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥machome¥(ユーザーID)

ユーザID:

学生... s(小文字)+学籍番号 (例:01012345→s01012345)
入力例: ¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥machome¥s01012345

 

教職員... t(小文字)+教職員番号 (例012345→t012345)
入力例: ¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥machome¥t012345

2016年度以降のLinuxの個人データ領域
校舎名 Linux
板橋 ¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥linhome¥(ユーザーID)
東松山 ¥¥h-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥linhome¥(ユーザーID)

ユーザID:

学生... s(小文字)+学籍番号 (例:01012345→s01012345)

入力例:¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥linhome¥s01012345

 

教職員... t(小文字)+教職員番号 (例012345→t012345)

入力例:¥¥i-nfs.edu.ic.daito.ac.jp¥linhome¥t012345

 

接続方法について (以下から該当OSを選択してください)
  • 【Windows 8/10でネットワークドライブに接続】はこちらをご覧ください。
  • 【Windows Vista/Windows7でネットワークドライブに接続】はこちらをご覧ください。

Windows 8/10でネットワークドライブに接続する(クリックすると表示されます)

1.[検索]欄を表示する。

※Windows8の場合
キーボードの[Windowsキー]と[Cキー]を同時に押します。
画面の右上方に表示される[検索]を選択。

※Windows10の場合
タスクバーの検索領域を選択。

 

2.検索欄に接続したいドライブ先を入力します。

※例として板橋校舎のYドライブに接続する場合

¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y
と入力し、実行(Enter)キーを押します。

 

※ Windows8 の場合

※Windows10の場合

※例として板橋校舎Zドライブに接続する場合

(学生)
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥s01012345
(教職員)
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥t012345
と入力します。

home以下には必ず各自のユーザIDを入力してください。

※ Windows8 の場合

※Windows10の場合

 

<インターネットでWeb認証する場合>

ネットワーク認証画面が表示されたら以下のようにユーザ名とパスワードを入力し、[OK]します。

ユーザ名の前には edu¥ をつけます。

ユーザ名の入力例:

(学生) edu¥s01012345
(教職員) edu¥t012345
※ 「ドメイン:edu」 と自動で表示されます。

※Windows8の場合

※Windows10の場合

  1. 接続先のYドライブが表示されます。

※板橋の個人データ領域(Windows)に接続した場合 、2016年度からのデータは「win」フォルダ内にあります。

Windows Vista/Windows7でネットワークドライブに接続する(クリックすると表示されます)

1.[スタート]-[検索]欄に、接続したいドライブ先を入力します。

例として板橋校舎のYドライブに接続する場合、

¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y
と入力し、実行(Enter)キーを押します。

例として板橋校舎のZドライブに接続する場合は、

 

 

学生:
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥s01012345
教職員:
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥t012345
と入力し実行(Enter)キーを押します。
home以下には必ず各自のユーザIDを入力してください。 

2.「ユーザ認証画面」が表示されたら、以下のようにユーザ名とパスワードを入力します。

ユーザ名は、手前にedu¥をつけます。

ユーザ名の入力例:
(学生) edu¥s01012345
(教職員) edu¥t012345

※ドメイン:eduと自動で表示されます。

[OK]をクリックします。

3.
接続先のYドライブが表示されます。

※板橋の個人データ領域(Windows)に接続した場合 、2016年度からのデータは「win」フォルダ内にあります。

ネットワークドライブの割り当てから接続する

コンピュータからネットワークドライブの割り当てを選択します。
 

  • ドライブ欄:割り当てるドライブ名を選択します。
    (この場合はY)
  • フォルダー欄に接続したいドライブ先を入力します。
    ここでは板橋校舎のYドライブに接続します。
  • フォルダー欄:¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y

 

※板橋校舎の2016年度以降のWindows、2015年以前のWindows、Linuxの個人データ領域に接続する場合

  • フォルダー欄
     

(学生)
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥s01012345」
(教職員)
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥t012345」
と入力します。
 

home以下には必ず各自のユーザIDを入力してください。

完了をクリックすると接続されます。

 

  • コンピュータにYドライブのアイコンが作成されるので、ダブルクリックするとYドライブが開きます。
接続終了

接続を終了する場合は、アドレス欄に以下のURLを入力し、「Logout」ボタンをクリックして下さい。

板橋...  https://i-auth.type-c.st.daito.ac.jp/
東松山...  https://h-auth.type-c.st.daito.ac.jp/

 

 

3.持込みパソコンからの印刷(Windows)

ここでは持込みパソコンからの印刷方法を説明します。
持込みパソコンから印刷するには、情報実習教室・図書館等に設置している白黒レーザプリンタに接続し、接続先のプリンタドライバをインストールする必要があります。
 

(注意)持込みパソコン利用の方
無線LAN接続
-Web認証を済ませておく必要があります。
無線LANの利用」を参照し、認証をおこなった上で、ネットワークドライブやプリンタの利用が可能です。
 

有線LAN接続
-Web認証を済ませておく必要があります。「Web認証」を参照し、Web認証をおこなってください。

プリンタの接続先とプリンタ名の確認

各教室によって接続先プリンタ名が違います。下表を参考に、接続したいプリンタの接続先とプリンタ名を確認します。

印刷方法は各プリンタとも 1up(1枚に1頁印刷)、2up(1枚に2頁印刷)の2通りが選択できます。

【校舎別・接続プリンタ名一覧表】(クリックすると表示されます)
板橋校舎
教室名 接続先(指定したプリンタに接続する) 一覧表示されているプリンタ名
1up 2up
1-302 ¥¥i-prm.edu.ic.daito.ac.jp DP3000W1-10302(1up用) DP3000W2-10302(2up用)
1-303 DP3000W1-10303(1up用) DP3000W2-10303(2up用)
1-304 DP3000W1-10304(1up用) DP3000W2-10304(2up用)
1-307 DP3000W1-10307(1up用) DP3000W2-10307(2up用)
1-308 DP3000W1-10308(1up用) DP3000W2-10308(2up用)
1-309 DP3000W1-10309(1up用) DP3000W2-10309(2up用)
1-311 DP3000W1-10311(1up用) DP3000W2-10311(2up用)
図書館2階 DP5100dW1-Ilib1(1up用) DP5100dW2-Ilib1(2up用)
図書館3階 DP5100dW1-Ilib2(1up用) DP5100dW2-Ilib2(2up用)
東松山校舎
教室名 接続先
(指定したプリンタに接続する)
一覧表示されているプリンタ名
1up 2up
7333 ¥¥h-prm.edu.ic.daito.ac.jp DP5100dW1-7333(1up用) DP5100dW2-7333(2up用)
図書館 DP5100dW1-Hlib(1up用) DP5100dW2-Hlib(2up用)

※通常オープン教室として使用している教室の接続先

教室名 接続先(指定したプリンタに接続する) 一覧表示されているプリンタ名
1up 2up
7121~7332 ¥¥h-prm.edu.ic.daito.ac.jp DP3000W1-7121(1up用) DP3000W1-7121(2up用)

※上記のプリンタ名は7121教室のプリンタです。2upで印刷する場合はDP3000W1-7121(2up用)を選択します。
他の教室に接続する場合、7121の部分が接続したい教室番号のものを選択します。
7233に接続する場合:DP3000W1-7233(1up用)

プリンタのインストール

持込みパソコンにプリンタをインストールします。

ここでは持込みパソコンを1号館303教室(板橋校舎)のType-Cコンセントに接続し、10303教室のプリンタに接続する例で説明します。

※「Type-Cコンセント」(情報コンセント)の詳しい説明はこちらをご覧ください。 
※無線で利用する場合もプリンタのインストールが必要になります。 
 

(注意)
上記「校舎別・接続プリンタ名一覧表」を参考に、プリンタの接続先とプリンタ名を確認してください。

Windows 7でプリンタをインストールする】はこちらをご覧ください。

Windows7でプリンタをインストールする

【例】
持込みパソコンを1号館303教室(板橋校舎)のType-Cコンセントに接続し、303教室のプリンタに接続する。

  1. [スタート]-[検索]欄に接続したい教室先
    「¥¥i-prm.edu.ic.daito.ac.jp」と入力し実行(Enter)キーを押します。

※東松山校舎の場合はこちらで接続先を確認してください。

  1. 「ネットワークパスワードの入力画面」が表示されます。
    (表示されるまでに若干時間がかかります。数分経っても表示されない場合は前の手順を再度行ってください)

    情報実習教室等で使用している「ユーザ名」と「パスワード」を入力し「次へ」をクリック。

    ※このユーザ名は、「s学籍番号」の前に「edu¥」を入れて edu¥s学籍番号 としてください。(例) edu¥s01012345

  1. 「¥¥i-prm.edu.ic.daito.ac.jp」に接続されているプリンタ一覧が表示されます。「DP3000W1-10303(1up用)」をダブルクリックし、プリンタドライバをインストールします。

    ※東松山校舎の場合はこちらでプリンタを確認してください。
  1. プリンタドライバのインストールが表示され、「DP3000W1-10303(1up用)」のジョブウィンドウが表示されたらプリンタの使用が可能になります。

    ※途中「このプリンタを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、メッセージを読み「ドライバのインストール」をクリックしてください。
  1. Webブラウザ、Office等の各アプリケーションから印刷する場合は、プリンタ名からインストールしたプリンタを選択してください。

    ※例 [ Microsoft Word2010 ] オフィスボタンから印刷を選びます。
    プリンタ名の▼をクリックして,
    インストールしたプリンタを選択します。
プリンタを削除する(間違ってインストールした場合)
Windows7

[スタートボタン]→ [デバイスとプリンター]をクリックします。
削除したいプリンタをクリックして選択。マウスを右クリックして「削除」を選択します。

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ