大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

ネットワーク

Gmail(stドメイン)

前のページに戻る

stドメインのGmailを利用開始するための方法を説明します。

Step1. 「stアカウントパスワード」の取得

Gmailを利用するためには、Gmail専用のパスワードを設定する必要があります。
そのためには、まず 「stアカウントパスワード」 が必要です。
「stアカウントパスワード」とは、情報実習教室、DBポータル、電子シラバス等でログインする際に使うパスワードのことです。「stアカウントパスワード」を持っていない、又は忘れてしまった方は、学生証/教職員証を持参して、情報センター事務室までお越し下さい。(東松山校舎では、7333教室で学生スタッフによる発行も行っています。)

 

 

Step2. 「Gmail パスワード」の設定

以下リンクからアクセスしてください。(※学外からもアクセスできます。)

Gmailパスワード設定

右のように表示されます。

stアカウント ユーザー名とパスワード

以下の表を参考に、ユーザー名とパスワードを入力します。

  ユーザー名 パスワード
stアカウント 学生 s + 学籍番号 s01012345 教室のログインパスワードと同じ
教員 t + 職員番号 t012345
「姓」「名」

送信者名として表示したい「姓」と「名」を入力してください。

Gmailパスワード

Gmail用に設定したいパスワードを入力します。8文字以上である必要があります。
このパスワードはGoogleに管理されます。
入力したら、[設定] ボタンをクリックしてください。

Gmailパスワード設定完了

パスワード設定の完了画面が表示されますので「Gmailへ」をクリックして、認証を受けてください。

 

 

Step3. Gmailの認証

アカウント(st.daito.ac.jp)ログイン画面

大東文化大学 stアカウントログイン画面が出ましたら、メールアドレスとパスワードを入力します。

メール欄: メールアドレス
パスワード欄: Gmail用のパスワード

入力したら、[ログイン] ボタンをクリックしてください。

なお、Gmailのアカウントを複数持っている場合は「アカウントを選択」という画面が表示される場合があります。その場合は[@st.daito.ac.jp]のアカウントを選択してください。

認証画面

初回ログイン時は、Gmailの認証画面が表示されます。

言語の選択をして、画像に表示されている文字または数字を入力してください。

利用規約

利用規約を読み、了承しましたら [同意して、アカウントを作成します] をクリックしてください。

アカウントのセキュリティ確保の画面

右のようなアカウントのセキュリティ確保画面が表示される場合があります。
[スキップ]を選択して次の画面に進みます。

st.daito.ac.jpのサービス画面

右のような画面が表示される場合があります。
その場合は[Gmail]を選択してください。

Gmail画面

右のような画面が表示されます。
メールアドレスの@以下は、st.daito.ac.jp となります。

以上でGmailが利用可能となりました。
引き続き「ネットワーク-メールの利用」へお進み下さい。

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ