大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

DB manaba

前のページに戻る

DB manaba

manaba(マナバ)は、講義資料の配布、レポート提出管理、小テスト、出席管理など授業を支援するシステムです。


大東文化大学では、授業支援システム(LMS)として「manaba course」を、2018年度から全学的に導入し、運用を開始しました。

以下リンクから、DB manabaのログインサイトへアクセスします。(※Microsoft社 Azureのページが表示されます。)

DB manabaログインはこちらから

ログイン方法の詳細は、下記、DB manabaログインについて を参照してください。

マニュアルのダウンロードも可能です。

DB manabaログインについて
DB manabaログインについて

manabaのアカウントを入力します。

 

s学籍番号@edu.ic.daito.ac.jp

 

「次へ」をクリックします。

DBポータル(情報実習教室、Wi-Fi)パスワードを入力します。

 

「サインイン」をクリックします。

任意で「今後このメッセージを表示しない」をチェックします。

 

「はい」をクリックすると、サインイン状態が維持されて、サインインしたままとなります。

manabaのログアウトは、ブラウザの「×」ボタンでおこなってください。

manaba画面上の「ログアウト」から、ログアウトをおこなうと、上記ダイアログが表示されます。

これは、Microsoft Azure(認証)仕様のためです。

respon-レスポンについて

responーレスポンは、「リアルタイムアンケート&クリッカー」アプリです。
授業や講演、イベントなどで、参加者の意見をリアルタイムに集計・可視化(アニメーションを表示)することができます。また、出席管理の機能もあります。

自己登録機能について

自己登録機能は、学生が担当教員の許可したコースに対して、自ら履修登録を
おこなう機能です。


※自己登録機能は、履修登録前にmanabaを利用するための機能と考えてください。
必ず、DBポータルや窓口での履修登録をおこなってください。

manabaコース登録について

manabaコース申請書(別ウィンドウが開きます)

このページのTOPへこのページのTOPへ