大東文化大学経営研究所大東文化大学経営研究所

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

研究所案内

経営研究所長 谷郷一夫

経営研究所は、本学の教育・研究理念に基づき、「研究」・「教育」・「社会貢献」という使命を担うための経営学部(当初は経済学部)の附置研究機関として設立され、これまで経営学や会計学を基軸とする「実践の学」としての経営学部の研究・教育を支える重要な役割を担ってきました。研究所の設立により、経営学部内に「頻繁な対話とコミュニケーション」のための「場」が設けられ、専門分野の異なる研究員間の活動的な交流により「創造的な知」が創発される組織的な体制が確立されるようになりました。

現在、研究所の主な研究・教育活動としては、研究会の定期的な開催(海外からの報告者を含む)、研究員の研究成果(個人研究及び共同研究を含む)として刊行物(研究叢書及びリサーチペーパー)の発行、各種の共同研究プロジェクトの推進、経営シンポジウムや講演会の開催などがあります。特に、共同研究の成果報告の場である経営シンポジウムでは、これまで、研究機関との共催による学術交流、企業の支援を得た産学交流、海外の研究者との国際交流など特色あるシンポジウムを開催し、研究所の基本事業である研究・教育活動を積極的に推進してきました。また、これらの活動は、ホームページ上で公表することで研究所の活動を外部に向けて迅速に発信することで、研究成果を社会へ還元する取り組みも行っております。

このように、研究所の研究・教育活動に関しては、これまで一定の成果を果たしてきたといえますが、課題としては「社会貢献」活動への組織的な取り組みにあるといえます。今後は、本学が所在する地域(板橋区および東松山市)との緊密なネットワークを構築し、周辺地域の実践課題に活動的に取り組み、継続的な成果を残せるように、「産学官連携」による地域連携事業を積極的に展開していきたいと考えています。

次年度以降、「研究」・「教育」・「社会貢献」という研究所に与えられた使命を果たせるように、これらの事業活動をさらに推進していきたいと思いますので、今後とも研究所へのご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。

経営研究所長 谷郷一夫

  • 経営学部
  • 大学院経営学研究科
このページのTOPへこのページのTOPへ