大東文化大学語学教育研究所大東文化大学語学教育研究所

メニュー

語学教育研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

お知らせ

2016年11月28日

第4回研究発表会のお知らせ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア





2016年度第四回研究発表会を下記のように開催いたします。

ふるってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。



日時:平成28年12月19日(月) 午前10時30分~

場所:大東文化大学板橋校舎 語学教育研究所2号館6階





 


① 発表者: 岡部 謙治 先生(外国語学部中国語学科)
   題 目:  日中「ぎなた読み」考
   内 容: 昨年の定例研究発表会で、12月に「日本人中国語朗誦のリズム教育」について発表した。今年度発表は、昨年のテーマに関連して、センテンス内(或いは連語内)における誤読(意味分拍の取り違え)によって生じる「意味の異同」について述べるものである。別宮氏の『日本語のリズム 四拍子文化論』にいう「意味分拍と音数分拍の取り違え」に学びつつ、日本語「ぎなた読み」と、中国語センテンス(或いは連語)内の意味分拍の読み間違いを対照、紹介し、中国語朗誦トレーニングに役立つ具体例を挙げる




② 発表者: ロバート・シグレー 先生(外国語学部英語学科)
   題 目:  The Problem of Repeated Text in Corpus Construction    


     内 容:  When a corpus is compiled from online sources using retrievals of search terms, the same text may be retrieved multiple times (either from multiple retrievals from the same web address, and/or retrievals of multiple copies across different web addresses). The problem also arises in approaches not using search terms, when sampling types of language use that naturally re-use text. Online news sources, in particular, often re-use text across different sites, at different times on the same site, and even within the same article. For a large corpus, we need some way of identifying duplicated text automatically, so that we can remove exact duplicate articles and so minimise bias; but it is less clear what we should do with smaller units of repeated text. This presentation classifies different types of repetition arising in online news, as seen in the first draft of a corpus currently being compiled from such sources (Tamang 2016); attempts to quantify the problem using AntConc's cluster search feature to aid identification and removal of duplicate text; and suggests some ways of minimising the problem.




③ 発表者: ジェフリー・ジョンソン 先生(外国語学部英語学科)
   題 目:  Minstrelsy in American Culture
      内 容:  Jeffrey Johnson's presentation traces the evolution of minstrelsy from its roots in the court jester of the middle ages, to its manifestations in 19th century American entertainment, to certain developments in contemporary popular culture, and in particular, to aspects of 20th century American music. (第3回研究発表会での発表はキャンセルとなりましたので、再度発表いただきます)










































このページのTOPへこのページのTOPへ