大東文化大学百年史編纂

紀要

Bulletin

大東文化大学史研究紀要について

大東文化大学百年史編纂委員会では百年史編纂事業と並行して本学の発展と日本の近現代史との関連を明らかにするための研究をおこなっていくことを企図し、「大東文化大学史研究紀要」(年1回刊行予定)を刊行しています。

『大東文化大学史研究紀要』投稿募集について

大東文化歴史資料館(大東アーカイブス)では、下記の規程に沿って原稿を募集いたします。今年度(第3号)の投稿締切りは12月上旬を予定しております。投稿を希望される方は、氏名・ご所属のほか、原稿(論文その他)種別、予定タイトル及び文字数を10月末日までに下記のメールアドレスへお知らせください。積極的なご投稿をお待ちしております。

投稿規程
  • 大東文化大学史研究に資する研究成果を広く公募する。論文、研究ノート・資料紹介、エッセイは未刊行のものに限る。
  • 投稿資格は問わない。審査料・掲載料については、投稿種別を問わず無料とする。
  • 『大東文化大学史研究紀要』の編集は、百年史編纂委員会委員によって構成される『大東文化大学史研究紀要』編集委員会(以下、編集委員会)がおこなうものとし、編集委員会は各投稿論文等の審査(外部審査委員に審査を依頼する場合もある)をおこなう。編集委員会は審査の結果を受けて投稿の採否を決定する。なお、掲載に至る過程において執筆者に加筆修正を求める場合がある。
  • 『大東文化大学史研究紀要』に掲載される文章すべての著作権は、大東文化学園が保有する。
  • 論文等の形態について、次のような指針を定める。
    (ア)本文の使用言語は、原則として日本語および英語とする(原典部分はこの限りではない)。
    (イ)論文の長さは原則として、タイトル、末尾注、図表、数式および参考文献を含め、日本語の場合で32,000字以内。英語の場合で8,000words以内とする。
    (ウ)日本語・英語いずれの場合も、約250wordsの英語要旨を付けること。
  • 投稿は随時受け付けるが、当該年度発刊号の〆切はその都度告知する。
  • 原稿はWord等で作成すること。論文原稿には、投稿者の氏名、論文タイトル、総字数、住所、電話番号、E-mailアドレスを記載した表紙を付し、下記のアドレス宛に送付すること。なお、手書き原稿投稿を希望する場合には事前相談に応じる。
  • 研究ノート・資料紹介については論文に準ずるものとする。字数は日本語で20,000字以内、英語で6,000words 以内とする。
  • エッセイについては、日本語で10,000字以内とする。
  • 紀要に掲載された論文等は、大東文化大学機関リポジトリにおける公開を行うものとする。(併せて大学ホームページ上において目次情報の公開を行う。)掲載された原稿は、執筆者からの申し出がないかぎり、ウェブサイト上で公開されることを了承されたものとして扱う。
    ※ 他の規定については論文の規定に準ずるが、百年史編纂委員会の判断で手続きを簡略化できるものとする。
論文等の送付・投稿全般に関する問い合わせ先

大東文化大学史研究紀要 編集委員長
文学部教育学科教授 荒井 明夫

<事務局>
大東文化歴史資料館事務室(総務課内)
E-mail:archives@ic.daito.ac.jp

大東文化大学史研究紀要 創刊号 2017年3月
研究ノート
資料紹介
報告
ページトップページトップ