グローバルナビゲーション


パン屑リンク

ここから本文です

経営学部
2015年07月23日

貿易実務

開講される学科:経営学科/企業システム学科

経営学部の授業一覧に戻る

貿易実務

貿易実務は「実務」のタイトルを付していますが、貿易を多面的に理解することを目標とします。貿易には経済、社会、文化、政治、制度等様々な背景があり、全体的な把握が不可欠になるからです。
貿易実務Aの主な内容は、「貿易の基本的な仕組み」です。個々の貿易プロセスは、貿易契約、取引条件の確定、海上・航空運送、通関手続き、代金決済等ですが、事例考察として、代表的な企業のケースを取り上げ、詳しく検討します。また、言語や文化の異なる地域間での国際ビジネスコミュニケーションについても解説していきます。
貿易実務Bでは、国際貿易の現状に関するテーマを扱います。日本経済にとって貿易は重要な要素ですが、近年は様々な課題に直面しています。FTAやTPP等、地域経済協定はその一例です。また、アジア地域内外の貿易ウェートが年々高まっているという実態もあります。一方、こうした現代的課題を理解するためには、理論的背景、歴史的背景を理解する必要があります。自由貿易の理論的・思想的背景、通商システムの歴史等々を紹介することによって、履修者の関心を喚起し、理解の深化に努めます。

パン屑リンク