アドミッション・ポリシー

アドミッションとは入学のことで、アドミッション・ポリシーは
大学が掲げる目的を達成するために、どのような人を受け入れるかの方針を定めたものです。

大東文化大学は1923年(大正12年)に、東洋の文化を教授・研究するために創立された歴史ある大学であり、これまで10万人をこえる卒業生を社会に送り出してきました。また、アジアを中心に70をこえる世界の大学、研究機関と交流協定を結び、多くの留学生を受け入れ、大東大生を海外に派遣してきました。
「東西文化の融合」を建学の精神に掲げる本学は、世界の歴史・社会・文化に関心を持ち、日本文化への深い理解と異文化への共感をもって地域社会と国際社会に貢献し、豊かな人間性と深い学識をもって現代社会のさまざまな課題の解決に力を尽くすために、基礎的な学力を有し、自ら学び発展しようとする高い勉学意欲を持った人に学びの場を提供しています。

トップへ戻る 資料請求 デジタルパンフレット