大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

アドミッション・ポリシー

教育研究上の目的

国際関係学部はアジア諸地域を中心に、国際政治・経済・社会の課題を考え、また豊かな伝統と多様性に富むアジア諸地域の歴史・芸術・文化を学ぶことを通して、異文化を理解する心を育てるとともに、アジアの地域言語および英語の運用能力を身につけ、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際関係学部は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 高等学校で履修する国語、外国語、地理歴史、公民等について、入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 物事を多面的かつ批判的に考察し、自分の考えを論理的にまとめることができる。
  • 主体的に課題を発見し、異なる意見をもった他者と、その解決に向けて協働で取り組むことができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • アジア諸地域の言語や地域研究に対して強い興味関心をもっている。
  • 留学や現地研修など、現地体験型学習に積極的に参加する意欲をもっている。
  • グローバル社会の一員として、広い意味の国際協力や国際交流に貢献する意欲をもっている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
1.知識・技能 2.思考力・判断力・表現力 3.主体的に学習に取り組む態度
(1) (1) (2) (1) (2) (3)
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
自己推薦(前・後) 課題理解・討論報告
集団討論
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 模擬講義・概要作成
調査書
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
小論文
個人面接
国際関係学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

国際関係学部国際関係学科は、社会科学の視点でアジア地域研究を修め、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際関係学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 高等学校で履修する国語、外国語、地理歴史、公民等について、入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 物事を多面的かつ批判的に考察し、自分の考えを論理的にまとめることができる。
  • 主体的に課題を発見し、異なる意見をもった他者と、その解決に向けて協働で取り組むことができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • アジア諸地域の政治や経済に対して強い興味関心をもっている。
  • 留学や現地研修など、現地体験型学習に積極的に参加する意欲をもっている。
  • グローバル社会の一員として、広い意味の国際協力や国際交流に貢献する意欲をもっている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
1.知識・技能 2.思考力・判断力・表現力 3.主体的に学習に取り組む態度
(1) (1) (2) (1) (2) (3)
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
自己推薦(前・後) 課題理解・討論報告
集団討論
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 模擬講義・概要作成
調査書
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
小論文
個人面接
国際文化学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

国際関係学部国際文化学科は、比較文化の視点でアジア地域研究を修め、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際文化学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 高等学校で履修する国語、外国語、地理歴史、公民等について、入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
2.思考力・判断力・表現力
  • 物事を多面的かつ批判的に考察し、自分の考えを論理的にまとめることができる。
  • 主体的に課題を発見し、異なる意見をもった他者と、その解決に向けて協働で取り組むことができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • アジア諸地域の文化や歴史に対して強い興味関心をもっている。
  • 留学や現地研修など、現地体験型学習に積極的に参加する意欲をもっている。
  • グローバル社会の一員として、広い意味の国際協力や国際交流に貢献する意欲をもっている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について
入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
1.知識・技能 2.思考力・判断力・表現力 3.主体的に学習に取り組む態度
(1) (1) (2) (1) (2) (3)
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
自己推薦(前・後) 課題理解・討論報告
集団討論
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 模擬講義・概要作成
調査書
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
小論文
個人面接
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ