大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学科

NewsFeed国際関係学科からのお知らせ News国際関係学科からのお知らせ

アジアを中心とした諸外国と日本との国際関係を理解し、
社会科学的視点から考察する

「体験型アジア理解教育」を基本に、アジア社会における日本の役割や他国との相互理解を学ぶ

社会科学的視点から見る国際関係

アジアの言語や文化の多様性に学ぶ「体験型アジア理解教育」を軸とする国際関係学部は、2つの学科に分かれています。本学科は、その名が示す通り“国際関係”に主眼を置いた学科。国際関係論ほか、社会科学系の科目から構成されています。

基本は「体験型アジア理解教育」4つの柱

本学部の基本となる「体験型アジア理解教育」は、4つの柱から構成されます。第1の柱は、アジア言語教育。「言語文化講座」(選択必修)と「英語・アジア言語講座」(選択)の2本立てで、両講座共に多くの言語を扱っており、例えば「言語文化講座」では中国語を、「アジア言語講座」ではタミル語とビルマ語を、といった学習も可能です。第2の柱は、地域研究科目。東アジア、東南アジア、南アジア、西アジアの4つの地域について6つの視点(政治,経済、社会、文化、歴史,芸術)から学べます。第3の柱は、現地体験型学習。「現地研修」「留学」「インターンシップ・イン・アジアⅠ・Ⅱ」を中核とし、自身の体験を通して国際関係を学びます。そして、第4の柱は「学生による企画・実行・参加型の学習」。多彩な研究班活動が多くの学生によって主体的に展開されています。

国際文化学科と垣根の低いカリキュラム

本学科は、4つの柱で基礎を学びながら、アジア諸国の経済動向や政治・外交問題、地域紛争など、国際関係の諸問題について社会科学の視点から考察。日本のアジア社会での役割や他国との相互理解について追究します。カリキュラムには、政治学や経済学など、いわゆるディシプリン科目と地域研究科目のほかに、より特殊なテーマを扱う「国際関係テーマ研究」という科目も設置。また、本学科と国際文化学科のカリキュラム上の垣根が低く、社会科学系の学びと並行して、文化や芸術を学ぶことができるのも大きな特徴です。

  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ