大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

アドミッション・ポリシー

教育研究上の目的

経済学部は、経済学の専門知識と幅広い教養を修得することによって、社会人としての健全な判断力、新たな価値を創造する力、社会的諸問題への適応力、情報収集・分析・発信能力など、自ら課題を見つけ、よりよく問題を解決するといった「主体性」の涵養を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 経済学を学ぶのに十分な基礎学力を持っている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 身の回りの様々な問題について、論理的に考察することができる。
  • 自分の考えを自身の言葉で表現し、他人に伝えることができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 教職員や友人など、他者との関わりを大切にし、良い人間関係を築くよう努めている。
  • 過去・現在・未来の社会の動向に関心を持ち、主体的に勉学に励む意欲がある。
  • 将来、経済学部で学んだ知識や手法を役立てられる職業に就きたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について

(「経済学部」・「社会経済学科」・「現代経済学科」共通)

入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
(国・英・選択)
自己推薦(前・後) 筆記試験(論述式)
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 調査書
小論文
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
個人面接
社会経済学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

経済学部社会経済学科は、経済学および経済に関連する諸領域についての理論と歴史・現状分析の手法を学修し、複雑で多様な社会の諸相を包括的な視点で考察、分析する能力を備えた人材の養成を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会経済学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 経済学を学ぶのに十分な基礎学力を持っている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 身の回りの様々な問題について、論理的かつ多面的に考察することができる。
  • 自分の考えを自身の言葉で表現し、他人に伝えることができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 教職員や友人など、他者との関わりを大切にし、良い人間関係を築くよう努めている。
  • 過去・現在・未来の社会の動向に関心を持ち、主体的に勉学に励む意欲がある。
  • 多様な文化への関心を持ち、積極的に対話しようとする意欲がある。
  • 将来、経済学部で学んだ知識や手法を役立てられる職業に就きたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について

(「経済学部」・「社会経済学科」・「現代経済学科」共通)

入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
(国・英・選択)
自己推薦(前・後) 筆記試験(論述式)
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 調査書
小論文
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
個人面接
現代経済学科 アドミッション・ポリシー
教育研究上の目的

経済学部現代経済学科は、経済学および経済に関連する諸領域についての理論と数理・計量分析の手法を学修し、現実の経済的諸問題についての具体的解決策を見出す能力を備えた人材の養成を目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代経済学科は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、以下の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
  • 経済学を学ぶのに十分な基礎学力を持っている。
2.思考力・判断力・表現力
  • 身の回りの様々な問題について、論理的かつ体系的に考察することができる。
  • 自分の考えを自身の言葉で表現し、他人に伝えることができる。
3.主体的に学習に取り組む態度
  • 教職員や友人など、他者との関わりを大切にし、良い人間関係を築くよう努めている。
  • 過去・現在・未来の社会の動向に関心を持ち、主体的に勉学に励む意欲がある。
  • 経済社会における様々な問題について、数量的に考察する意欲がある。
  • 将来、経済学部で学んだ知識や手法を役立てられる職業に就きたいと考えている。
アドミッション・ポリシーと各入学選抜試験との関連について

(「経済学部」・「社会経済学科」・「現代経済学科」共通)

入試方式 選抜方法 アドミッション・ポリシー
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
AP1 AP2 AP3
センター(前・中・後) センター試験
全学部共通(前・後) 学力試験(国・英)
一般入試三教科 学力試験
(国・英・選択)
自己推薦(前・後) 筆記試験(論述式)
自己推薦書
個人面接
指定校推薦
スポーツ推薦
調査書
個人面接
公募制推薦 調査書
小論文
個人面接
特別選抜試験
(社会人・留学生)
調査書
個人面接
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ