大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

現代経済学科

現代社会に課せられたさまざまな問題を、
データ分析など経済学的な手法を駆使して解明する

日々変動する社会の動向を読み解くスキルを身につけながら、現代経済の“面白さ”を実感

現代の経済を鋭く、リアルに学ぶ

なぜ景気が良くなると、贅沢品が売れるのか? 当たり前のように思っていたことを、経済学的に論理づけし、データによって検証する。時代の“今”を鋭く、リアルに学ぶ学問、それが現代の経済学。本学科では、日々変動する経済や社会の動向をデータ分析することで、社会状況を読み解く力(=数量感覚)を身につけます。データを読み解く能力が身につけば、自分の感覚で社会の動きを捉えることができ、経済学という学問がより面白くなります。

数字が苦手な学生も経済の基礎を無理なく学習

1年次は、「基礎演習」「経済学の基礎」を、2年次からは「マクロ経済学」「ミクロ経済学」などの必修科目を中心に学び、3年次からは自分の興味や進路を見据えながら、「計量経済学」「産業組織」「国際金融」などの専門科目を選択します。経済学では、数学的な知識が求められますが,少々不安がある学生には、中学レベルの数学から学び直すサポート体制も充実。経済の仕組みや動き数値化し、読み取っていく力を無理なく養うことができます。また、「社会経済学科」との連携によって,どちらの学科でも垣根がなく、同じ科目を学ぶことができることも大きな特徴のひとつ。充実した選択科目の中から、自分に適した専門分野を選び、学びを進めていくことができます。

企業や工場を訪ねる実践的な学びも人気

本学部では、企業や工場を訪ね、現場の方から自社の解説を聞きながら意見交換を行うなど、実践的な学びが得られる「エクスカーション」 というバスツアーも開催しています。このツアーは、学生主体の実行委員会で運営され、企業選びや見学交渉なども学生たちが行っています。毎年2~3年次を中心に多くの学生が参加しています。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ