大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

社会経済学科

教授
加藤 正昭

研究領域:銀行理論

銀行理論を中心とした金融システムの研究が専門です。

川野 幸男

研究領域:世界経済の実態の社会学的分析

特に、外国人労働者の国際的移動及び多文化共生の実態を批判的に分析しています。

篠永 宣孝

研究領域:西洋経済史及び国際関係史

特に、近代及び現代のアメリカやヨーロッパの経済史を研究しています。

高安 雄一

研究領域:アジア経済、特に韓国経済

経済政策、非正規や格差など経済社会問題、農業政策について、アジア諸国と日本との比較分析をしています。

竹永 進

研究領域:経済学説史

特に、近代以降のフランスを中心としたヨーロッパの経済理論の発展と変遷を研究をしています。

田中 達也

研究領域:人文地理学・歴史地理学

特に、日本における開発と集落形成にともなう地域変化の研究分析をしています。

内藤 二郎

研究領域:現代中国経済論

特に、中国の国家財政、地域経済及び国と地方の政府間関係の現状分析。環境経済もカバーしています。

中垣 恒太郎

研究領域:比較メディア文化研究

文学・映画・音楽・コミック(マンガ)などを素材に、アメリカ文化/比較メディア文化/現代文化研究を展開しています。

中島 正人

研究領域:公共経済学、制度の経済学

政治制度を中心とした諸制度の経済学的分析をしています。

中村 年春

研究領域:経済法、消費者法、消費者政策

競争政策や消費者政策、消費者問題に関わる法律や制度についての研究をしています。

馬場 靖雄

研究領域:社会システムの理論と学説史

日本を中心とした現代社会論及び社会思想を分析します。

松村 岳志

研究領域:近世西洋経済史

近世ヨーロッパ経済史、特に19世紀前半のロシア帝国における農民家族史、陸軍史を中心に研究しています。

渡部 茂

研究領域:近代経済学史(ハイエク研究を中心に)

国家権力と個人的自由の関係を、経済学的手法で分析します。

准教授
石井 寿美世

研究領域:日本の経済と企業・企業家

日本経済史、企業家史などの歴史的視点から、社会における企業・企業家の機能について検討します。

大野 秀樹

研究領域:英語教育とクリティカル・シンキング

英語教育にクリティカル・シンキングの観点を取り入れたカリキュラムの開発、議論に関する歴史的研究をしています。

葛目 知秀

研究領域:国際金融論、国際通貨制度論

国際金融や国際通貨制度を中心として、国際経済で発生している諸問題を研究・分析しています。

土橋 俊寛

研究領域:ゲーム理論

オンラインオークションに固有の機能について研究しています。

中野 耕市

研究領域:中国語と中国語教育

中国共通語と広東方言の文法的差異を研究しています。

濱本 知寿香

研究領域:社会保障論

家計と育児、貧困などを分析。少子高齢社会の経済的課題と対応の在り方を実証分析します。

講師
髙田 未里

研究領域:産業保健心理学

労働者のメンタルヘルス、ストレスコーピング、ワークライフバランスについて研究しています。

現代経済学科

教授
池田 剛士

研究領域:産業組織論、流通経済論

寡占企業による流通戦略や価格戦略が経済に与える効果について、理論的側面から研究を行っています。

岩澤 勝彦

研究領域:英語学(認知・機能文法)

現代英語の文法、特にモダリティと感情表現について、日本語と対照しながら研究しています。

浦田 健二

研究領域:カオス理論とその応用

不規則変動するけれどもランダムではなく、短期間では予測可能だが長期間になると予測不能になるというカオスについての研究をしています。

岡村 與子

研究領域:実証マクロ経済学

マクロ計量的分析。近年は金融政策を時系列的に分析・推定。また趨勢に伴う地域間格差の測定をしています。

岡村 宗二

研究領域:マクロ経済学

マクロ的な失業の発生と変動をミクロ主体の自律かつ相互反応的な意思決定行動と社会システムによって解明しようとしています。

上遠野 武司

研究領域:規制理論、地方交通の研究

規制理論、地方交通、価格理論の交通部門への応用、地域づくりの効果的手法などについて研究しています。

郡司 大志

研究領域:マクロ経済学、金融論

企業や銀行などの行動を数式を使って分析したり、データを使ってそれらの傾向を調べたりしています。

中村 宗悦

研究領域:近現代日本経済史

近現代日本における経済史、特に1920~30年代のマクロ経済政策、政策思想を中心に研究しています。

古屋 核

研究領域:マクロ経済学

マクロ経済学、特に制度制約下での雇用量・物価水準・為替レート間の相互関係を中心に研究しています。

村 俊範

研究領域:計量経済学

計量経済学の手法を用いた需要予測・データ分析、情報処理関連産業の経済に関する影響の分析等を行っています。

山下 東子

研究領域:資源経済学

水産資源、電波資源など再生可能資源の合理的利用とそれを可能にする産業の形態について研究しています。

准教授
角田 保

研究領域:応用ミクロ計量経済学

応用ミクロ経済学・医療経済学。最近では、「下り坂」に直面した経済主体の行動について研究しています。

神谷 諭一

研究領域:解析的整数論

ゼータ関数と呼ばれる関数を研究することによって、数についての理解を深めることをテーマとしています。

布袋 正樹

研究領域:財政学

税制と企業行動に関する調査研究。最近は、研究開発減税が研究開発支出に及ぼす影響、法人税の帰着などについて研究しています。

講師
岩木 宏道

研究領域:企業金融論

企業の投資行動や資金調達行動について主に負債の調達源(銀行借入・社債等)に着目しつつ研究しています。

岡田 知久

研究領域:応用ミクロ経済学、行動経済学

消費者の心理が企業の意思決定に与える影響について研究しています。

顧 濤

研究領域:マクロ経済学

マクロ経済統計の作成、その限界ならびに経済理論との対応関係を中心に研究しています。

津布久 将史

研究領域:国際経済学、空間経済学

国際間で生じている様々な経済現象について、空間的視点を取り入れた理論研究を行っています。

長沼 佐枝

研究領域:経済地理学・都市地理学

都市空間の変容や地域の持続性について、人口、特に高齢化・過疎化の視点から実証的な研究を行っています。

助教
大浦 あすか

研究領域:経済成長論、環境経済学

限りある資源を有効活用し、持続可能な経済成長を達成するための政策に関する研究をしています。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ