大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

石井 寿美世

研究分野 近世近代日本経済史・日本経済思想史
担当講義 経済史、経済学演習、日本経済史、日本経済思想史
学歴・略歴 東京都生まれ 
2007年慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学 
2017年より現職
主な研究業績
『日本経済思想史 江戸から昭和』川口浩ほか共著、勁草書房、2015年
「明治期における地方の企業生成と経済思想―産業・世代の差異を視野に―」川口浩編『日本の経済思想―時間と空間の中で―』ぺりかん社、2016年
「明治初期の医学生・布施益之丞」『福沢手帳』168号、福沢諭吉協会、2016年3月
「髙梨家の経営理念―家訓とその特質―」井奥成彦ほか編著・監修『醤油醸造業と地域の工業化―髙梨兵左衛門家の研究―』慶應義塾大学出版会、2016年
学生へのメッセージ

4年後にどんな自分でいたいか、具体的に目標を立てて、今何ができるか、これから何をする必要があるかを、きちんと把握・実行していきましょう。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ