グローバルナビゲーション


パン屑リンク

  • Home
  • 中国言語情報演習(丁ゼミ)

ここから本文です

外国語学部
2012年06月01日

中国言語情報演習(丁ゼミ)

開講される学科:中国語学科

外国語学部の授業一覧に戻る

日本語から中国語への翻訳を通して文化と言語を
深く学ぶため、4年間で優れた語学力が身に付きます。

 中国言語情報演習ゼミでは、日中翻訳を第一のテーマにしています。教育方針は孔子の「因才施教(いんざいせきょう)」にならって各自の個性に応じて教育を施すというもので、目標は卒業までにゼミ生全員が日本文を中国文へ翻訳できるようになることです。
 中国語を専攻する学生は、中国語の学習教材を日本語に翻訳することが多いのに対し、このゼミでは日本語の書籍を中国語に翻訳する「日文中訳」を主眼としています。そのため違った角度から日中のそれぞれの文化を学ぶことができます。
 ゼミ生は「翻訳論」と「翻訳技法」の受講が必須です。授業内容は翻訳技術の基盤となる中国文化と中国語の勉強と深く結びついており、そこでの理解度がそのまま邦訳水準の程度となります。また授業では、中国語検定試験の受験を前提とした教材学習も行います。そのほか、翻訳教材の学習、中国語の学習方法の指導、語学知識の補完などを全体指導したり、個別対応したりします。
 ゼミには前向きな人生観を持つ素直な学生が多いのが特長で、授業中も楽しい雰囲気があります。全員が優れた語学力を習得するので、特に4年次になると就職活動で認められやすいようです。

パン屑リンク

  • Home
  • 中国言語情報演習(丁ゼミ)