授業ゼミ紹介 CLASS & SEMINAR REPORT 魅力的な授業&ゼミを配信中

外国語学部|英語学科 
2018年03月30日
鈴木敬了ゼミ
歴史英語学とコーパス言語学
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

例外や言い回しなどの疑問を、パソコンによる言語解析で解明します。

英語を学んでいくと「なぜこんな言い方をするのか?」「例外が出てくる理由は?」といった疑問が出てきます。たとえば、なぜsheep複数形はsheepsではなくsheep(単複同形)なのか。こうした不規則性は、英語の歴史を知ることで説明できるケースが多々あります。 そこで本ゼミは、コーパスや文献を利用してこうした疑問を研究します。コーパス言語学はパソコンを使って言語を分析する学問で、約1億も網羅されている現代英語(BNC)や古い文献を集めた歴史的コーパス(EEBO)など、さまざまなコーパスを利用して英語の変化を分析・研究できます。

 

パソコン初心者だった学生がパソコンで言語解析を行い、調査結果をパワーポイントでプレゼンテーションし、最終的にゼミ論にまとめていく。こうした作業を通して、自然に実社会で役立つ実践的なスキルが身につきます。

外国語学部
ほかの授業ゼミレポート

faculty of foreign studies

Page Top