グローバルナビゲーション


パン屑リンク

  • Home
  • 情報処理(岩橋、浅野ほか)

ここから本文です

法学部
2013年04月26日

情報処理(岩橋、浅野ほか)

開講される学科:

法学部の授業一覧に戻る

1年次生のために開講されており、他の専門科目の学習を行う上での最初の重要な演習として位置づけられています

開講される学科:法律学科 政治学科


この科目の目的は、大学における研究のツールとしてコンピュータやインターネットの利用方法を習得すること、同時にキャリアプラン構築のために実社会で役に立つ基本スキルを習得することにあります。そのため、本科目は1年次生のために開講されており、他の専門科目の学習を行う上での最初の重要な演習として位置づけられています。
具体的には、文書作成や様々なデータの収集・整理・分析技法の習得であり、プレゼンテーションスキルの体得(資料作成の技術から発表練習まで)です。その他に、この演習にはインターネット利用の倫理的側面、著作権および情報検索の理解、電子メール等によるコミュニケーショ ン、ハードウエアの理解、OS操作の習得等も含まれています。

また、特に法学部では、さらに高いスキルを身につけるための「コンピュータ・リテラシー」、「コンピュータ・サイエンス」、「情報論」といった科目も開講しており、その中ではプログラミングやデータベース構築などの高度なスキルの獲得をめざします。

本科目「情報処理」は、複数の教員(岩橋、浅野、岡田、河野、古寺)が担当していますが、その中の河野先生の授業の中でプレゼンテーションの練習のために制作されたものが「在学生の目から見た大東文化大学」のパンフレットです。受講者がいくつかのグループに分かれてパンフレットを作成し、お互いに評価し合いました。 ここでは上位2作品を掲載します。

パン屑リンク

  • Home
  • 情報処理(岩橋、浅野ほか)