自己推薦入試(後期)

自分の能力をアピールして
自己を推薦する入試制度です。
強い学習意欲を重視します。
学科によって求める能力と選考方法が違います。

過去問題

2017年度入試の過去問題集の公開を開始しました。

日程・会場

全学科とも他大学との併願はできません。

日程
  • 出願期間

    11/20(月)~12/6(水)

    ※消印有効
  • 試験日

    12/10(日)

  • 合格発表

    12/15(金)

  • 手続期間

    1/9(火)~1/19(金)

    ※消印有効
学科

全学科

試験会場
ネット出願

概要

  • 出願方法は、インターネット(Web)入力による出願のみとなります。
  • 学科名のあとのA~Dは、出願基準や選考方法の異なる入試方式を表しています。したがって、入学後は入試方式の違いに関わらず同じ学科に所属します。
  • 出願基準は設けませんが、選考方法の自己推薦書、筆記、面接等と併せて調査書を参考に総合的に判断します。
  • 自己推薦書および課題論文は本学所定の原稿用紙・表紙をダウンロードし、印刷して使用してください。原稿用紙は、横書き・楷書で使用してください。(ワープロ等使用不可)

自己推薦書及び課題論文は出願時に提出してください。

文学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
日本文 3 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

古文
(60分)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本文学・文化に特に関心のある者
中国文A 7

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

漢文
(60分)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、漢文・中国語・書道などの中国文化に関心のある者
中国文B

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
書道実技
(60分)

臨書2点
(楷書及び行草書・半紙)

面接

中国文C

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、文化・芸術・芸能・スポーツ・ボランティアなどに優れた者[書道展入選者、漢字検定合格者(2級以上)なども対象とする]
*全国大会入賞状やボランティア団体発行の感謝状など、優れている点を確認できる資料(写)を出願時に提出
中国文D

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接

[出願要件]
「文学部OB・OG 現職高校教諭の推薦を受ける者」
①推薦者が本学の文学部の卒業生であること
②推薦者が現職の高校の専任教諭であること
③推薦者が推薦する受験生と同一の高校に在籍していなくてもよい
※上記①②は必須要件です。高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、文学部OB・OG現職高校教諭による推薦を受ける者
*文学部OB・OG現職高校教諭の推薦書を出願時に提出
英米文 2

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
英語を含んだ面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、英語・英米文学・英米文化の分野に特別な関心があり、入学後それらを更に深める意思を持つ者(児童文学、女性学に興味がある者は特に歓迎)
教育 5

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
小論文
(60分)
+
面接

①高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者
②全国規模の各種コンクール、大会等の実績がある場合は、賞状等(写)を自己推薦書に添付すること
書道A 7

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
書道実技
(90分)
臨書(半紙)2点、創作(半紙)1点 ただし、臨書は①楷書、②行草書、③隷書、④仮名の古典A、⑤仮名の古典B、5題の中から2題選択。創作は①漢語または漢詩句、②和歌、③俳句、④語句、4題の中から1題選択
+
面接

高校を卒業した者ないし、卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、書道について特に優れた知識・理解・技能を有する者
書道B

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
書道実技+小論文
(90分)
臨書(半紙)1点、小論文1題ただし、臨書は①楷書、②行草書、③隷書、④仮名の古典A、⑤仮名の古典B、5題の中から1題選択。小論文は、書道に関するテーマについて800字以内で記述
+
面接

書道C

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接※

高校を卒業した者または卒業見込みの者または大学受験資格を有し、次の①~③のいずれかに該当する者。①全国高等学校文化祭の県代表出品者。②大東文化大学が主催する書道展の上位入賞者(全国書道展の理事長賞以上)。③上記に準ずる全国書道展などの上位入賞者(例:成田山主催全国競書大会の上位5賞・日本書芸院主催全国高校大学生書道展の大賞・国際高校生選抜書展の上位賞・高野山全国競書大会の上位3賞・全国青少年書き初め大会の上位3賞)。
委細は入試広報課に問い合わせのこと
※半切作品(臨書・創作いずれも可。縦・横自由。表装済・未表装いずれも可)1点を持参。面接時に提示する。
歴史文化 5

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
小論文
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、本学歴史文化学科に入学後、どのようなことを学びたいのかについて明確に述べることのできる者
経済学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
社会経済 2 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
筆記試験
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、社会経済学科に対する明確な志望動機と大学での勉強目標を有する者
*筆記試験の内容:高校の公民分野の内容もしくは現実の経済問題に関する課題文を読み、小論文を作成する
現代経済 2

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
筆記試験
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、現代経済学科に強く入学を希望する者
*筆記試験の出題内容・範囲・レベル:
(1)数や式の計算(高校の数学Ⅰ程度)
(2)場合の数、確率の基礎(高校の数学A程度)
(3)(1)(2)の範囲の数学的内容と現実の社会との関連性についての論述
外国語学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
中国語A 4 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
中国語
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、中国社会・文化に興味を持ち、初級程度の中国語を学習している者
中国語B

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

課題論文 *
(2000~3000字)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、中国社会・文化に興味を持つ者
*課題論文を出願時に提出
中国語C

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接

[出願要件]
高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、中国語検定試験準4級以上あるいはHSK1級以上の各検定合格者
*合格を証明する書類(写)を出願時に提出
中国語D

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、全国商業高等学校協会各種検定合格者
*合格を証明する書類(写)を出願時に提出
英語 10

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
英語等を含んだ面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、英語のほかに、ドイツ語またはフランス語に関心のある者、あるいはヨーロッパ文化に関心のある者
日本語A 3

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

課題論文 *
(2000~3000字)

[試験当日]
論述問題
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本語学科に強く入学を希望する者
*課題論文を出願時に提出
日本語B

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
日本語*
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本語学科に強く入学を希望する者
*「一言語入試」のコンセプトに基づき、「日本語」は従来の「国語」入試の形式にとらわれず、日本語の素養・素質を自由に記述式で問う
日本語C

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
面接

[出願要件]
「国語または英語を担当している現職高校教諭の推薦を受ける者」
①受験生及び推薦者が同一の高校に在籍していること
②推薦者が当該高校の国語または英語を担当している専任教諭であること
※上記①②は必須要件です。
高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本語学科に強く入学を希望する者
*国語または英語を担当している現職高校教諭の推薦書を出願時に提出
法学部
要件
現浪区分
<法律学科A>
  2018年4月1日時点で満19歳以下
  <法律学科B><政治学科>
  現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
法律A 13 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
講義または視聴覚機材を使用した視聴及びその内容要約
+
口頭試問

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、法律学科に強く入学を希望する者
法律B

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
英語を含んだ面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本英語検定協会実用英語技能検定2級以上、TOEIC400点以上、TOEFLiBT30点以上のいずれかの条件を満たし、法律学に関心があり、法律学科への入学を強く希望する者
政治A 3

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
当日放映するビデオ
(20分程度)の内容要約
+
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、政治学科に強く入学を希望する者
政治B 2 高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、日本英語検定協会実用英語技能検定2級以上の資格を有し、政治学科に強く入学を希望する者
国際関係学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
国際関係 3 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000~3000字、参考資料添付可)*

[試験当日]
グループディスカッションとレポート

面接※

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、国際関係学科に強く入学を希望する者
*自己推薦書には①自己推薦理由(あなたのアピールポイントなど)、②あなたが最近最も考えさせられたこと、③あなたの外国や外国語に対する興味、④10年後のあなた、についてそれぞれ500字程度で記入すること
※面接時間20~30分
国際文化 3

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000~3000字、参考資料添付可)*

[試験当日]
グループディスカッションとレポート

面接※

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、国際文化学科に強く入学を希望する者
*自己推薦書には①自己推薦理由(あなたのアピールポイントなど)、②あなたが最近最も考えさせられたこと、③あなたの外国や外国語に対する興味、④10年後のあなた、についてそれぞれ500字程度で記入すること※面接時間20~30分
経営学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
経営A 10 日商簿記2級以上、全商簿記2級以上のいずれかの資格を有する者

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
小論文
(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、経営学科に強く入学を希望する者
経営B 日本英語検定協会実用英語技能検定準2級以上、TOEIC450点以上、TOEFL・PBT400点以上、TOEFL・iBT45点以上、TOEFL・CBT133点以上のいずれかの資格を有する者

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
英語による面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、英語に興味を持ち、グローバルビジネスに関心があり、経営学科に強く入学を希望する者
スポーツ・健康科学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
スポーツ科学 7 基準は設けない

[出願時に提出]
課題論文*
(1000字以上1200字以内)

[試験当日]
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、スポーツに強い関心のある者
*課題論文を出願時に提出
健康科学 7

[出願時に提出]
自己推薦書
(1000字以内)

[試験当日]
基礎学力テスト*(60分)

小論文(60分)

面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、健康科学科に強く入学を希望する者
※英語・数学・理科に関する基本問題
看護 2

[出願時に提出]
自己推薦書
(1000字以内)

[試験当日]
小論文
(60分)
+
面接

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、看護学科のアドミッション・ポリシーをよく理解し、強く入学を希望する者
社会学部
要件
現浪区分
現役・浪人
課程・学科
全課程全学科
横スクロールで続きが確認できます
学科(方式) 募集
人員
出願
基準
選考方法 備考
社会 10 基準は設けない

[出願時に提出]
自己推薦書
(2000字以内)

[試験当日]
プレゼンテーション
(7分以内)※
質疑応答
(5分程度)

高校を卒業した者ないし卒業見込みの者または大学受験資格を有する者で、社会学科に強く入学を希望する者
※「微速度撮影(タイムラプス)で人や街の動き」を撮影してその動画を見せる。自身が調べてきたことを交えて解説し、自身の考察をプレゼンテーションする。(USB端子で接続可能なメディアで持ち込む、1280×720画素程度のMP4形式の3分以内の動画を持参する)
質疑応答を行う。

課題論文のテーマ

原稿用紙について

自己推薦書および課題論文には本学所定の原稿用紙・表紙をダウンロードし、印刷して使用してください。
※原稿用紙は、横書き・楷書で使用してください。(ワープロ等使用不可)

課題論文のテーマ

外国語学部
中国語学科B方式(課題論文)

次の2つのテーマから1題を選択して文章を作成してください。

テーマ1

あなたが尊敬する中国の偉人を一人あげ、その人の生い立ち、経歴、業績、社会への貢献などを紹介した上で、なぜあなたがその人を尊敬するのか、その理由についても述べてください。

テーマ2

中国の大気汚染の深刻さが、メディアによって度々報道されています。この問題について、日本政府は「美しい中国、美しいアジアを実現するため、日中間の環境分野における協力を発展させていく用意がある」と表明しています。中国政府がこれまでに行った対策を具体的に紹介した上で、国際協力の視点から、あなたが考える支援策を述べてください。

課題論文執筆要領

表紙に論文のタイトルをつけてください。日本語によること。本学所定の横書き原稿用紙(A4版)を使用すること。字数は2000字以内。タイトル、氏名、参考文献は文字数に含めません。参考文献、参考ホームページは論文の末尾にまとめて配置してください。

日本語学科A方式(課題論文・論述問題)

下記のURLにアクセスし、そこに掲載されている以下の文章(講演)を読み、それらの内容をふまえながら、日本語の標準語(共通語)と方言との関係について、あなたの意見もまじえて論じなさい。

国立国語研究所「NINJALフォーラムシリーズ」http://www.ninjal.ac.jp/publication/ninjal-f/
第9回 「ここまで進んだ!ここまで分かった!国立国語研究所の日本語研究」

講演1 : 危機方言はおもしろい ~方言にひそむ多様な発想法~
第7回 「近代の日本語はこうしてできた」

講演1 : 「標準語」制定を求めた時代の動き
第5回 「日本語新発見 ―世界から見た日本語―」

講演3 : アイヌ語は日本語に似たようなものか?
第3回 「日本の方言の多様性を守るために」

講演1 : 琉球方言から考える言語多様性と文化多様性の危機
講演5 : 危機的な状況にある言語・方言の実態に関する調査研究

課題論文執筆要領

表紙に、論文のタイトル、氏名を記入してください。日本語で書くこと。本学所定の横書き原稿用紙(A4版)を使用すること。字数は2000字以上3000字以内。タイトル・氏名・参考文献・参照ホームページは文字数に含めません。参考文献・参照ホームページは、論文の末尾にまとめて掲出してください。ボールペン・インクペンを使用し、ていねいに読みやすい字体で書いてください。

スポーツ・健康科学部
スポーツ科学科(課題論文)

これまでのスポーツ活動において経験した最大の困難に対して、あなたはどのようにしてそれを乗り越えてきたのか、そこから何を得たのか、その経験を今後どのように生かしていくのか、について記述しなさい。

課題論文執筆要領

表紙には論文のタイトル、氏名を記入してください。本学所定の横書き原稿用紙(A4版)を使用すること。字数は句読点を含めて1000字以上1200字以内。

他の入試制度をチェック!

自己推薦入試(前期)

自分の能力をアピールして自己を推薦する入試制度です。強い学習意欲を重視します。学科によって求める能力と選考方法が違います。

出願期間
10/1(日)~10/11(水)
※消印有効
試験日
10/15(日)
対象学科
日本文・中国文・英米文・書道・歴史文化・中国語・英語・日本語・国際関係・国際文化・経営・スポーツ科学・健康科学・看護・社会で実施
公募制推薦入試

公募制推薦入試は、書類審査、面接、小論文などで選考を行います。
要件、出願基準、募集人員、選考方法などは学科によって異なります。

出願期間
11/1(水)~11/15(水)
※消印有効
試験日
11/19(日)
対象学科
全学科で実施
自己推薦入試(後期)

自分の能力をアピールして自己を推薦する入試制度です。強い学習意欲を重視します。
学科によって求める能力と選考方法が違います。

出願期間
11/20(月) ~12/6(水)
※消印有効
試験日
12/10(日)
対象学科
全学科で実施
センター試験利用入試(前期)
出願期間
12/18(月) ~1/15(月)
※消印有効
試験日
1/13(土)・1/14(日)
対象学科
全学科で実施
センター試験利用入試(中期)
出願期間
1/31(水)~2/23(金)
※出願入力17:00まで
<出願書類>2/23(金)
※消印有効
試験日
1/13(土)・1/14(日)
対象学科
全学科で実施
センター試験利用入試(後期)
出願期間
2/9(金)~3/9(金)
※出願入力17:00まで
<出願書類>3/9(金)
※消印有効
試験日
1/13(土)・1/14(日)
対象学科
全学科で実施
全学部統一入試(前期)

試験科目は英語と国語(現代文)の2科目で、基礎的な学力を重視します。すべての学科において全国同日に実施します。北海道から沖縄まで28の都市に会場を設けています。
<試験会場> 札幌・青森・盛岡・仙台・秋田・山形・郡山・水戸・宇都宮・高崎・大宮・千葉・東京(板橋キャンパス)・横浜・新潟・長岡・金沢・甲府・長野・松本・静岡・名古屋・大阪・広島・松山・福岡・鹿児島・那覇(28会場)

出願期間
12/18(月)~1/24(水)
<出願書類>1/25(木)
※必着
試験日
2/1(木)
対象学科
全学科で実施
一般入試(3教科)

すべての学科において、英語、国語、選択科目または英語、数学、理科の3科目で試験を行います。総合的な学力バランスが求められますが、学科によっては科目得点の比重を変え、入学後に必要な能力を重視します。

出願期間
12/18(月)~1/29(月)
<出願書類>1/30(火)
※必着
試験日
2/5(月)~2/8(木)
<書道選択>
2/5(月)・2/6(火)
対象学科
全学科で実施
全学部統一入試(後期)

試験科目は英語と国語(現代文)の2科目で、基礎的な学力を重視します。全国同日に実施します。14の都市に試験会場を設けています。
<試験会場> 仙台・郡山・水戸・つくば・宇都宮・高崎・千葉・東京(板橋キャンパス)・横浜・新潟・富山・甲府・長野・静岡(14会場)

出願期間
2/9(金)~2/21(水)
<出願書類>2/22(木)
※必着
試験日
2/26(月)
対象学科
全学科で実施
トップへ戻る 資料請求 デジタルパンフレット