News

2019年01月08日

スポーツ

「2020サマンサスポーツレディ」連携協力に関する協定書を締結

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

本学は1月7日、山梨学院大学、日本女子体育大学とともに株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドとの連携協定を締結した。
この協定は、女性のスポーツ活動の振興に資することを目的に、女性スポーツならびにカレッジスポーツのイメージアップや商品企画・開発に関するものとなっている。
今回、それぞれの有する知的資源ならびに財産的価値の創造と社会的貢献に寄与する技術、ノウハウ等を活用した女性のためのスポーツ商品の開発と情報の発信として「2020サマンサスポーツレディ」を企画している。

 

本学は、昨年12月に山梨学院大学と教育研究活動の活性化と内部質保証の向上を図ることを目的に連携包括協定を締結しており、今回の取り組みもその一環となる。
また、本学では2017年には「大東アスリート宣言」を定め、2018年11月には運動部に所属する女子学生を対象として、心身ともに健康で安全にスポーツ活動に取り組むための支援組織「大東ウーマンズ・スポーツ・アライアンス(DWSA)」を設置している。

締結式での田中博史・スポーツ振興センター所長(左)と株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドの世永亜実・上席執行役員 締結式での田中博史・スポーツ振興センター所長(左)と株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドの世永亜実・上席執行役員

締結式で株式会社サマンサタバサリミテッドジャパン(中央)と本学、山梨学院、日本女子体育の各大学関係者 締結式で株式会社サマンサタバサリミテッドジャパン(中央)と本学、山梨学院、日本女子体育の各大学関係者

Page Top