News

2019年06月22日

熱中症対策アドバイザー養成講座を開催

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

熱中症対策アドバイザー養成講座(主催・熱中症予防声かけプロジェクト、後援・環境省)が6月22日、東松山校舎で開かれ、学生自治会体育連合会所属の各運動部から代表者が参加しました。
講師は大塚製薬大宮支店ニュートラシューティカルズ事業部の井口友里氏。井口氏は熱中症が起こる背景や主な症状の説明から予防策、対処方法などを解説。最後に確認テストが行われ、合格者には後日熱中症対策アドバイザー修了証が贈られます。
スポーツ振興センターの田中博史所長は「安全な活動のためには科学的なエビデンスをもとにした正しい知識をもつことが重要。今日学んだ情報は持ち帰って部員にきちんと伝達して共有してほしい」と話しました。

Page Top