News

2019年07月31日

スポーツ陸上競技部ラグビー部

ユニバーシアード参加選手が東松山市長を表敬訪問

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

第30回ユニバーシアード競技大会に本学から日本代表として参加した選手らが7月31日、その報告のために東松山市の森田光一市長を表敬訪問した。今回は選手を代表し、ラグビー競技(7人制)男子・金メダルの南昂伸選手(ラグビー部・社会経済3年)と陸上競技女子10000m・銅メダルの関谷夏希選手(陸上競技部女子長距離・英語4年)の2名が出席した。
大会を振り返って南選手は「優勝したことで日本のラグビーを海外にアピールできた」、関谷選手は「世界のレースを体感できたことは今後につながる」と話した。
森田市長は「東松山市にある大学からユニバーシアードに出場し活躍する選手がいることは市にとっても名誉なこと」とねぎらい「今後オリンピックや世界大会での活躍を期待している」とエールを贈った。

 

  • 左から南選手、森田市長、関谷選手 左から南選手、森田市長、関谷選手
  • 左からラグビー部・日下監督、南選手、森田市長、関谷選手、陸上競技部女子長距離・外園監督、同・松尾コーチ 左からラグビー部・日下監督、南選手、森田市長、関谷選手、陸上競技部女子長距離・外園監督、同・松尾コーチ
Page Top