News

2019年10月08日

お知らせスポーツ

オリンピアンの青木愛さんと女子学生の座談会が行われました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

元アーティスティックスイミング選手でオリンピアンでもある青木愛さんが9月30日に東松山キャンパスで、DWSA(大東ウーマンズ・スポーツ・アライアンス)の特別企画として運動部に所属している女子学生と座談会を行った。聴講者は運動部に所属する女子学生130名。

 

座談会のテーマは「幼少期からのスポーツとの関わり」や「アスリートとしての生活」、「美容面等で気を使っていること」など多岐に渡り、参加している学生もmanaba(レスポン)のシステムを利用して青木さんへ積極的に質問した。

質問内容は食事や大学での過ごし方といった生活のことや、ケガや不調時の対応方法、指導者との係わり、チームをまとめるための秘訣など競技に関することなど多種多様。時間内では答えきれないほど多くの質問が青木さんへ寄せられ、少しでも多くのことを青木さんから学ぼうと関心の高さがうかがえた。

 

とても和やかな雰囲気の座談会で、参加した学生もオリンピアンから直接話を聞けるとても貴重な機会でとても参考になったと言っていた。

 

*今回の座談会はスポーツ庁主催第2回パブコン「もしあなたがスポーツ庁長官だったら~」の一般部門で本学教職員・学生チームが一般部門において最優秀賞「長官賞」を受賞したことから、開催されました。

青木さんから女子学生への応援メッセージ

とても楽しい時間をありがとうございました。今日の話を何かに活かしてもらえればと思います。

競技をやっていると大変なことや苦しいことは沢山ありますが、今後の人生や社会に出た時にその経験が糧となります。

これからも頑張ってください。

  • 代表学生と青木さん 代表学生と青木さん
  • 質問に答える青木さん 質問に答える青木さん
  • サインを書く青木さん サインを書く青木さん

集合写真 集合写真

Page Top