News

2019年12月09日

スポーツスケート部

【スケート部】ジャパンカップ第3戦で2選手が表彰台

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2019/2020ジャパンカップスピードスケート競技会第3戦が12月6日から8日まで、クリスタルパーク恵那スケート場(岐阜県恵那市)で開かれ、富田裕香選手(スポーツ科4年) が女子3000mは4分29秒17、女子1500mは2分07秒98のタイムでともに第2位に入りました。富田選手は3大会連続、2種目での表彰台です。
男子3000mでは原泰選手(経営1年)が2大会連続の表彰台となる第3位でした。

富田裕香選手のコメント

連戦の疲労がある中でのレースでも戦えていることに少しずつ力がついてきたと感じるとともに、勝負所で勝ちきれないことが多くまだまだ力不足だと感じています。今年の最大の目標であるインカレまであと1ヶ月をきりました。4年間の集大成の大会です。この1ヶ月間、やれることは全てやり貪欲に総合優勝を目指していきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いします。

原泰選手のコメント

前回のレースに比べて滑りは良くなってきてはいるのですが、まだまだ1番辛いところでペースが維持出来ていないのでシーズン中盤ですが、ペースが維持できるように練習を積んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。

  • 富田選手 富田選手
  • 原選手(右) 原選手(右)
Page Top