News

2020年10月06日

スポーツ陸上競技部

【陸上競技部】日本選手権で3選手が入賞。竹内選手は2位。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

第104回日本陸上競技選手権大会が10月1日から3日まで、デンカビッグスワンスタジアム(新潟県)で開かれ、本学陸上競技部からは6人が出場。女子走高跳では竹内萌選手(スポーツ科4年)が1m75で2位に入りました。女子1500mでは吉村玲美選手(スポーツ科2年)が5位、男子200mでは安田圭吾選手(スポーツ科3年)が6位となり、3名が入賞しました。
卒業生では、南九州ファミリーマート所属の鶴田玲美選手(2020年教育卒)が女子200mで優勝、女子100mで2位と活躍しました。

竹内萌選手(左端)竹内萌選手(左端)

■女子走高跳
竹内萌(スポーツ科4年)1m75 2位

 

■女子1500m
吉村玲美(スポーツ科2年)4:18.65 5位

 

■男子200m決勝
安田圭吾(スポーツ科3年)21.06 6位

 

■男子100m準決勝
平野翔大(スポーツ科2年)10.62 8着

 

■男子100m予選
深川真平(スポーツ科1年)10.84 5着
太田匡哉 (スポーツ・健康科研究科院1年)10.72 8着
平野翔大 10.46 3着 *予選突破

Page Top