News

2020年10月25日

スポーツ陸上競技部

悲願の初優勝を狙うも4年連続の2位–杜の都駅伝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

「第38回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」(杜の都駅伝)が10月25日、仙台市で行われた。弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)から同市役所前市民広場までの6区間、38.1㌔のコースで全国25チームが大学女子駅伝日本一の座をかけて熱戦を繰り広げた。

 

創設11年で10年連続10度目の出場となった本学は、ここ7年で6度の2位を経験し、何度もあと一歩で悔し涙を流してきた。外園監督は「育成の大東」として勝ちにこだわることを宣言し、関谷夏希選手の起用を決断。キャプテン鈴木優花選手(スポーツ科3年)を中心に、悲願の初優勝を目指して大会に臨んだ。

 

1区には9月の世界選手権にも出場した吉村玲美選手(スポーツ科2年)を起用。残り1㌔を切るところでトップから離され、16秒差の4位と出遅れる。続く2区、3.9㌔という最短距離でのスピードコースは秋山祐妃選手(同4年)が区間3位走りを見せ、15秒差の4位で襷をつないだ。続く3区には昨年最終6区を走った山賀瑞穂選手(同2年)が起用され、同じく4位で襷を繋いだ。

4区は杜の都駅伝初出場となる今井彩月選手(同2年)が区間4位の走りを見せるもトップとの差は2分32秒の5位。各校のエースが集う最長区間5区は5年連続で関谷夏希選手(スポーツ・健康科学研究科M1年)が起用された。区間2位の快走を見せ、3位に浮上するがトップとの差は3分5秒。最終6区には同大会で過去2年間区間賞を受賞したキャプテン鈴木優花選手(スポーツ科3年)が起用され、今夏の疲労骨折の影響を物ともせず、6区を22分17秒で走る区間賞の走りを見せ、トップ差2分51秒の2時間5分48秒で2位のゴールテープを切った。

出場選手の記録

1区(6.6㎞)
吉村玲美選手  21分32秒=4位
 
2区(3.9㎞)
秋山祐妃選手  12分38秒=4位
 
3区(6.9㎞)
山賀瑞穂選手  23分26秒=9位

4区(4.8㎞)
今井彩月選手  16分08秒=4位


5区(9.2㎞)
関谷夏希選手  29分47秒=2位
 
6区(6.7㎞)

鈴木優花選手  22分17秒=1位、区間新

  • 吉村選手 吉村選手
  • 鈴木選手 鈴木選手

写真提供:月刊陸上競技 様

Page Top