News

2020年12月02日

スポーツスケート部

【スケート部】ISU GPシリーズ2020/21 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会で準優勝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

東和薬品RACTABドーム(大阪府門真市)で、11月27日(金)から29日(日)に開催されたISU GPシリーズ2020/21 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会に出場しました。
本学スケート部(フィギュア部門・アイスダンス)深瀬理香子(スポーツ・健康科学専攻 修士1年)・張睿中(カナダ)組は、初日のRDでは63.46点で3位でしたが、2日目のFDで94,43点の2位となり、総合157.89点で、 村元哉中・高橋大輔組を僅差で逆転し、準優勝しました。
今大会はコロナ禍による変則開催のためスコアは非公認ですが、これまでのRD、FDとも自己ベストを大幅に更新(総合で13.95点)する会心の演技で、RDでは『ラ・ラ・ランド』を、FDでは『マイ ファニ― バレンタイン』~『フィーリング グット』の世界を滑りきりました。

ご声援ありがとうございました。次戦は12月24日~27日の全日本フィギュアスケート選手権大会(長野市・ビックハット)です。
今後とも応援のほどよろしくお願いいたします 。

深瀬選手のコメント

初めてのシニアのグランプリシリーズということで、緊張しましたがパートナーと最初から最後まで楽しく滑ることができました。
3週間後の全日本選手権も頑張りたいと思いますので、応援宜しくお願い致します。

Page Top