News

2021年09月21日

スポーツ陸上競技部

【陸上競技部女子長距離】日本学生陸上競技対校選手権大会で吉村玲美選手が日本歴代2位、鈴木優花選手が大会新記録で優勝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

熊谷スポーツ文化公園(埼玉県・熊谷市)で2021年9月17日(金)~19日(日)に開催された第90回日本学生陸上競技対校選手権大会に本学陸上競技部から21名(女子長距離:5名、短距離:16名)が出場しました。
そのなか、女子3000mSCで吉村玲美選手(スポーツ科3年)、女子10000mで鈴木優花選手(スポーツ科4年)が優勝しました。

主な結果

吉村玲美選手(スポーツ科3年)
 女子3000mSC 優勝 9分41秒43 ※日本歴代2位、日本学生新記録、大会新記録

 

鈴木優花選手(スポーツ科4年)
 女子10000m  優勝 32分04秒58 ※大会新記録

吉村玲美選手のコメント

今大会は自分の考えていた通りのレースプランで走ることができ、大会記録・日本学生記録を更新することができ本当に嬉しかったです。
また日本記録というものが目の前まで見えてきて、このままでは終われないと肌で感じました。前の自己ベストは競り合ってでたもの、今回は自分で作ってのタイムであり大きな自信になりました。個人としては、来年の世界選手権を視野に入れトレーニングに取り組んでいきます。沢山の応援ありがとうございました。

鈴木優花選手のコメント

大学最後の日本インカレは、主将としてチームに勢いをつけ爪痕を残す気持ちで挑みました。途中から一人で走る展開でしたが、自分のスタイルである攻めの走りができたのは大きな収穫です。沢山の方に背中を押していただき、今大会の結果を出すことが出来ました。ありがとうございます。
駅伝に向け良い形で道が開けたので、この流れに乗り皆で切磋琢磨していきます。
多くの応援を頂き「走るからには勝ちにこだわり結果を出す」と覚悟を決めて取り組み続けることができています。全員駅伝で、今年こそ優勝を目指します。引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

  • 先頭でレースを進める吉村玲美選手。 ©️Ikumi KODAMA 先頭でレースを進める吉村玲美選手。 ©️Ikumi KODAMA
  • 日本歴代2位の記録で優勝を決めた吉村玲美選手。      ©️Ikumi KODAMA 日本歴代2位の記録で優勝を決めた吉村玲美選手。      ©️Ikumi KODAMA

レース後に記念撮影をする吉村玲美選手。 ©️Ikumi KODAMA レース後に記念撮影をする吉村玲美選手。 ©️Ikumi KODAMA

  • 先頭でレースを進める鈴木優花選手 先頭でレースを進める鈴木優花選手
  • 大会新記録で優勝を決めた鈴木優花選手。 ©️Ikumi KODAMA 大会新記録で優勝を決めた鈴木優花選手。 ©️Ikumi KODAMA
Page Top