News

2021年10月31日

スポーツ陸上競技部

【女子駅伝】 5年連続の準優勝でゴール 全日本大学女子駅伝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会が10月31日、仙台市で行われた。弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)から同市役所前市民広場までの6区間38.1kmのコースで各地区代表校25チームとオープン参加1チームを合わせた26チームが大学女子駅伝日本一の座をかけて熱戦を繰り広げた。

 

1区には3000mSCの学生記録保持者である吉村玲美選手(スポーツ科3年)を起用。途中、転倒もあり、首位と28秒差の11位と出遅れる。最短距離3.9kmのスピードコースの2区から4区まで3人連続の1年生ランナー。「無名かもしれないが無限の力に期待している」(外園監督)との言葉通り、初出場となる四元桃奈選手(同1年)が区間5位の走りで順位を上げ、59秒差の8位で襷をつないだ。続く3区も初出場の鈴木日菜子選手(同1年)が起用され、順位を1つ上げ、7位でつないだ。4区も全日本初出場となる藤原唯奈選手(同1年)が区間3位の走りで全体5位とするもトップとの差は2分36秒。

 

各校のエースが集う最長区間5区は、9月の日本インカレで10000m大会新記録をマークしたキャプテン鈴木優花選手(同4年)。昨年の区間賞記録を更新する快走を見せ、2位に浮上し、トップと2分7秒差で襷をつないだ。最終6区には同大会3年連続出場となる山賀瑞穂選手(同3年)が最後まで安定した走りで、トップ差2分36秒となる2時間5分35秒で総合順位2位のゴールテープを切った。

 

創部12年で11年連続11度目の出場となった本学は、何度もあと一歩で悔し涙を流してきた。鈴木主将を中心に悲願の初優勝を目指して大会に臨んだが、5年連続8度目の準優勝となった。

出場選手の記録

1区(6.6㎞)
吉村玲美選手  22分16秒=区間11位
 
2区(3.9㎞)
四元桃奈選手  12分32
秒=区間5位
 
3区(6.9㎞)
鈴木日菜子選手  23分14
秒=区間9位

4区(4.8㎞)
藤原唯奈選手  15分51
秒=区間3

5区(9.2㎞)
鈴木優花選手  28
分59
秒=区間2位、区間新
 
6区(6.7㎞)

山賀瑞穂選手  22分43
秒=区間4

  • 鈴木優花選手(5区)※写真提供 月刊陸上競技 鈴木優花選手(5区)※写真提供 月刊陸上競技
  • 山賀瑞穂選手(6区)※写真提供 月刊陸上競技 山賀瑞穂選手(6区)※写真提供 月刊陸上競技
  • 吉村玲美選手(1区) 吉村玲美選手(1区)
  • 全体写真 全体写真
監督、選手のコメント

【1区 吉村玲美選手】
今回転倒というアクシデントがあり、自分が目指していた位置では襷を繋ぐことができずとても悔しい思いです。仲間が流れを変えて襷を運び、最後は2位でゴールしてくれてとても感動しました。今回は助けられた駅伝だったので、次の富士山では仲間を引っ張り、背中を押せるような走りをします。
たくさんの応援ありがとうございました。

 

【2区 四元桃奈選手】
応援ありがとうございました。初めての全日本大学女子駅伝でしたが、たくさんの方からの応援が力となり、走り切ることが出来ました。監督を始め、支えてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。また、今後の課題も見つけられたので、この経験を活かし次に繋げていきます。

 

【3区 鈴木日菜子選手】
初めての全日本大学女子駅伝という舞台で、大東文化大学の代表として誇りと自信を持ち笑顔で襷を繋ぐことが出来ました。とても良い経験になったのと同時に自己への更なる向上心が芽生えました。この悔しい気持ちを忘れずチームの柱となって戦える選手になれるよう努力します。応援ありがとうございました。

 

【4区 藤原唯奈選手】
コロナ禍のなか無観客でありますが、全日本大学女子駅伝が開催されたこと、そして無事に大会を終えられたことに感謝しています。今回は8回目の準優勝と悔しさが残る結果だったものの、大東らしい"チームワーク日本一"の駅伝ができ、個人では今ある力は出し切ることが出来ました。次の富士山女子駅伝では本当の"日本一"を取りにいきます。
たくさんの応援ありがとうございました。

 

【5区 鈴木優花選手】
4年目も準優勝でしたが、精一杯練習を積み重ね、全員が気持ちを1つに戦うことができました。スタートを迎えるにあたり、皆が逞しく成長することができ、チーム力に不安は全くありませんでした。たくさんの応援や支えがあって走ることが出来ているという感謝の思いを込めて全力で走り、何よりも大東らしく皆最後まで笑顔で戦い抜けたことが嬉しかったです。このいい風が吹いてきたので、最後の富士山女子駅伝に全てをかけます。

 

【6区 山賀瑞穂選手】
今大会にあたり、多くのサポート、応援をしていただき本当にありがとうございました。チームのみんな、そして応援してくれている方々のお陰で、アンカーを楽しく笑顔で走り切ることが出来ました。全員で力を出し切ることが出来ましたが、準優勝ではなく、優勝を目指してまたここからチーム一丸となり、個々のレベルアップを目指していきたいと思います。これからも応援宜しくお願いします。

 

【外園監督】
1区吉村は転倒したにも関わらずよく襷をつないでくれた。後続の選手たちもアクシデントに動じる事なく、力強い走りで自分の役割を果たしてくれた。今大会を終えて、個々の成長を強く感じている。
大会出場に際し、深いご理解とご協力及びご声援をいただいた皆様に、心より感謝いたします。

Page Top