News

2021年10月23日

スポーツ陸上競技部

【箱根駅伝予選会】箱根への切符、手が届かず

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が10月23日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路を周回するハーフマラソン(21.0975㌔)が行われた。

 

予選会では、各チームからトラック1万メートル34分以内の公認記録を持つ10~12人が出場(エントリーは10~14人)、上位10人の合計タイムが速い上位10チームが、来年1月の本大会の出場権を得る。

 

計41校が出場し、本大会出場を争った結果、本学陸上競技部(男子長距離)は10㌔地点では2位と勢いのある走りをみせたものの、 10時間48分8秒で12位に終わり、本大会出場を逃す結果となった。

 

大野陽人選手(社会経済学科3年)は、1時間3分40秒で本学チーム1位でのゴールとなった。

チーム1位の大野選手 (写真:月刊陸上競技) チーム1位の大野選手 (写真:月刊陸上競技)

Page Top