大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

奨学金(学外)

日本学生支援機構 奨学金

日本学生支援機構は、国の育英事業をおこなっている機関です。貸与を受けることが出来る奨学金は、「第一種」と「第二種」があり、併用貸与も可能です。
人物・学業共に優れ、経済的理由により修学に困難があるものと認定された学生に対して、貸与する奨学金制度です。

日本学生支援機構の制度や奨学生に関する詳細な案内等は日本学生支援機構ホームページ別ウインドウで開きますをご覧ください。

1. 貸与月額について
奨学金の種類 利子 学生種別 貸与月額(平成25年度入学者の例)
第一種奨学金 無利子 学部 自宅通学者30,000円、54,000円から選択
自宅外通学者30,000円、64,000円から選択
大学院 修士課程50,000円、88,000円から選択
博士課程80,000円、122,000円から選択
第二種奨学金 有利子 学部 3万、5万、8万、10万、12万円から選択
大学院 5万、8万、10万、13万、15万円から選択
2. 奨学生の募集について
募集の種類と時期
区分 対象者 実施時期・内容等
定期採用 本学在学中の方 4月上旬・・・募集(申込)説明会実施・申請書類配布
5月上旬・・・申請受付
6月上旬・・・結果発表
7月上旬・・・結果発表
※日本学生支援機構から追加の採用枠の連絡があった場合、在学採用の不採用者を推薦します。
予約採用 新入生
※高校時手続完了の方
4月中旬・・・申請受付
5月中旬・・・申請受付
貸与開始(4月申請完了者)
6月中旬・・・貸与開始(5月申請完了者)
緊急採用(第一種)
応急採用(第二種)
本学在学中の方で、家計支持者の失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等、又は火災、風水害等による家計急変のため、緊急に奨学金貸与の必要が生じた方 随時申請受付
臨時採用 本学在学中の方 9月下旬・・・上記申込希望者へ申請書類の配布
※必ず募集があるわけではありません 10月下旬・・・申請受付
12月上旬・・・結果発表
第二種奨学金(海外) 今年度学部・大学院を卒業・修了予定で、翌年度に海外の大学院へ進学する希望を持っている方 適宜申請受付
第二種奨学金
(短期留学)
本学在中に3ヶ月以上1年以内で海外の大学等に留学予定の方 適宜申請受付

※日程の詳細については、両校舎の学生支援課までお問い合わせください。

3. 奨学生の貸与中の異動について

下記に該当する場合は届け出が必要です。
学生支援課窓口へ申し出てください。

  • 退学・辞退・休学・復学・転学部・留学
  • 改氏名・振込口座変更
  • 貸与月額変更(増・減)
  • 確認書の連帯保証人・保証人変更および住所変更
  • 第二種奨学金の金利の種類変更
4. 継続手続き(適格認定)について

日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている奨学生は、当該年度の学業成績、収支状況の報告及び、翌年度の奨学金継続の意思を確認するため必ず「継続手続き(適格認定)」を行う必要があります。適格認定の際、学業成績不振(留年が確定・可能性が非常に高い)と判断された場合は廃止または停止の処置もあり得ますので、普段から学業成績維持・向上に努めてください。

※適格認定については日本学生支援機構ホームページ別ウインドウで開きますで流れを確認してください。

5. 返還期限の猶予(在学猶予)申請について

日本学生支援機構奨学金が貸与終了となった学生で、以下の事由に該当するため本学に在学している期間は、奨学金の返還期限を猶予したい場合には、奨学金の返還手続きの際に配布した「返還の手引き」に掲載の「在学届」をコピーして必要事項を記入し、学生支援課窓口に提出してください。

※在学届は日本学生支援機構ホームページ別ウインドウで開きます(返還謹厳の猶予)からダウンロードすることもできます。

奨学金の貸与終了後・・・
  • 留年・休学等により引き続き在学する学生
    【注】留年・休学の場合は1年ごとに在学届けを提出する必要があります。
  • 本学大学院等へ進学する方
    【注】予約採用候補者となっている方は、「進学届」の提出の際に前奨学生番号を入力して提出することでも猶予されます。
6. 日本学生支援機構奨学金(大学院)  特に優れた業績による返還
免除について

日本学生支援機構大学院第一種奨学金を貸与した学生で、特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合に、貸与した奨学金の全額または一部の返還が免除される制度です。
申請時期など詳しい内容等につきましては、学生支援センター事務室までお問い合わせください。

地方公共団体奨学金

日本学生支援機構奨学金以外にも地方公共団体や民間団体による奨学金があります。
参考までに、2016年度に大学へ募集依頼があったものを掲載しております。
2017年度につきましては、随時募集内容が変更となりますので、必ず各校舎学生支援課の
奨学金掲示板を確認の上、窓口までお問い合わせ下さい。

奨学金問い合わせ窓口

学生支援センター
学生支援課 電話/03-5399-731703-5399-7317
東松山学生支援課 電話/0493-31-15090493-31-1509

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 情報センター
  • 図書館
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DBポータル
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ