大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

学部長からのごあいさつ

単なるスキルの修得にとどまらない、幅広い教養と国際的に広い視野をもった語学の真のスペシャリストを目指そう

大東文化大学 外国語学部長 大島 吉郎外国語学部長 大島 吉郎

外国語学部は、中国語学科、英語学科、日本語学科の3学科から構成され、それぞれの専攻言語を学びますが、英語学科では英語に加えてドイツ語とフランス語も専門として学ぶことができます。外国語学部のポリシーは、幅広い教養と国際的に広い視野をもった外国語のスペシャリストの養成を目指すことです。それにはまず、国際社会で活躍するために自分の意思を自由に表現できる語学力の修得が各学科での専門教育のコア(核)となります。そのために、外国語学部の語学教育は、ネイティブスピーカーによる授業、少人数教育、TOEIC(R)や中国語検定試験、HSKなど各種検定試験対策用の授業の充実、習熟度別クラス編成、をその大きな特色としています。これらの特色を十分に活用して、専攻言語の運用能力を十分に高めることができます。

真の外国語スペシャリストを目指すには、その言語についての幅広い教養と国際的に広い視野を養うことが要求されます。そのためには、世界中にはさまざまな民族が住みそれぞれが独自の言語と文化を有していることをまず認識するとともに、言語が使用される地域の生きた文化、社会、歴史を学ばなければなりません。この要請に応えるべく、外国語学部にはさまざまな留学プログラム(長期留学、中期留学、短期留学、現地研修制度)が用意されていますので、授業で身につけた語学力をアップさせるのみでなく、海外での異文化体験を通じて新たな世界観、価値観を形作る絶好の機会と成すことが出来ます。さらに、海外からの留学生との異文化交流が日常的にできる環境も整えられています。

多様な言語と文化の存在を認めざるを得ない一方で、外交やビジネスの世界では英語の国際共通語化がどんどん進んでいます。そんな中、英語を公用語としながらも、中国語を強化しようとしている国もあれば、外交、経済上必要に迫られて英語を学ばざるを得ないからといっても、あくまで自国の文化にこだわりフランス語の普及を掲げる国や文化圏もあります。このような国際的状況であればこそ、学科で専攻する言語と、今や国際共通語となった英語との係わり方―専攻言語が英語の場合は、英語と他の言語・文化圏との交流―について改めて考えてみるのもよいと思います。多様な言語や文化の「共生」という視点からの学びが可能であることは外国語学部の大きな魅力であると自負しております。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ