大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

中国語学科

教授
大島 吉郎

研究領域:中国語学

ことばの変化はどのようにして起こるのか。中国の文献資料をもとに、方言との関係も考えながら研究しています。

岡部 謙治

研究領域:中国語学/中国語教育

主に中国語音声学と中国語教育論です。ともに中国語の発音教育と文法・文型・語彙の教育に資するものです。

竹島 毅

研究領域:中国語学/中国語教育

現代中国語の文構造、及び初級修了者への効果的な学習法に関して研究しています。

丁 鋒

研究領域:中国語学

主に歴代中国人が漢字で記録した日本語、琉球語の資料の研究及び明清時代、西洋人がローマ字で記録した中国語の資料の研究をしています。

中村 浩一

研究領域:中国語学

中国語の口語語彙の研究で、口語資料が比較的多くなった明代から現代にかけての意味変化の解明を目指しています。

山内 智恵美

研究領域:近現代中国文化

漢民族が民族衣裳と呼べるものを持たないことに興味を持って、服飾文化から出発し、現在は、文化変化がおこる精神的変遷に興味を持っています。

山口 直人

研究領域:中国語学/日中対照分析

文法の日中対照分析。日本語の観点から中国語をみると、中国人も気付かない文法現象がみえてきます。

特任教授
羅 小東

研究領域:古代中国文学・古代中国戯曲

古代の中国文学や戯曲に関心があります。このほかにも日本の漢文小説や伝統文化に受け継がれている精神についても研究しています。

准教授
安藤 好恵

研究領域:中国語学/中国語教育

中国語でコミュニケーションする際に起こるさまざまな問題について、文法、会話、場面的アプローチをしています。

上地 宏一

研究領域:語学教育のIT化/情報処理

パソコンやスマートフォン等の身近なツールで効果的に語学を学習する環境の実現を探求しています。

原瀬 隆司

研究領域:中国語学

中国語の一方言である蘇州語を、語彙・音声の面から研究しています。

吉田 慶子

研究領域:通訳翻訳教育/日中言語文化交渉

通訳翻訳教育、通訳訓練法の中国語教育への応用、法と言語に関連した日中言語文化交渉などについて研究をしています。

講師
森 路未央

研究領域:中国経済論/農業経済学

中国における農村経済・産業振興、食品の貿易・流通・安全問題、日系企業の事業環境等を研究しています。

助教
藤本 健一

研究領域:中国語学/日中語彙交渉史

近代の新文化・概念を表わす中国語の新語がいかに創出されたのかを日中語彙交流の視点から研究しています。

英語学科

教授
大月 実

研究領域:理論言語学・意味論

個別言語と言語変種および言語の起源・絶滅との関係、言語と思考・行動の関係について探究しています。

北林 光

研究領域:ヨーロッパ研究(イギリス文化史)

15-18世紀のヨーロッパ言語文化、特にイギリス文化史(トマス・マロリーの作品を出発点として)を研究します。

クリスティアン・W・シュパング

研究領域:日独関係史・ドイツ語教育

19・20世紀のドイツ史及び日本史。現在、ドイツの地政学者カール・ハウスホーファーやドイツ東洋文化研究協会(OAG)を研究しています。

ジェフリー・ジョンソン

研究領域:比較文化(comparativeculture)

英語・日本語・スペイン語で比較文化。特に日本の俳句の国際化を研究しています。

靜 哲人

研究領域:英語授業実践学・英語テスト論

日本人の英語力を伸ばすために最も望ましい英語授業方法、測るために最も望ましい英語テスト方法は何か、を研究しています。

鈴木 敬了

研究領域:英語歴史言語学、コーパス言語学

英語には1500年もの歴史があり、その変化を電子化された言語資料(コーパス)とコンピュータで解析し新たな発見を見出そうとしています。

髙尾 謙史

研究領域:19世紀フランスの文学と思想

ナポレオン登場後の19世紀のフランスで人々が何を考えていたかを、小説や哲学などを通して研究しています。

姫田 麻利子

研究領域:フランス語教育・異文化間教育

新しい外国語能力評価基準や、その評価のための創造的活動について考えています。

山﨑 俊次

研究領域:英語コーパス言語学

電子化されたコーパス(言語資料)を、コンピュータを使って、文法、語法、英語教育等の観点から言語解析しています。

米山 聖子

研究領域:音声・音韻論、心理言語学

日本語母国語話者がどのように日本語や英語を理解しているかについて、実験的手法を用いて研究しています。

渡辺 良彦

研究領域:生成文法統語論・英文法

生成文法の枠組みで、人間の言語を支配する規則や原理がどのようなものかについて、英語を中心に研究しています。

准教授
荒又 雄介

研究領域:近代ドイツ文化・文学

産業の発達や社会の変化に人々がどのように対応していくのかを、文学作品を手掛かりに考察しています。

淡路 佳昌

研究領域:英語授業学・CALL

英語を効果的に教えるための方法や、コンピュータやインターネットを活用した英語教育について研究しています。

ゲーブリエル・A・リー

研究領域:第二言語習得、言語教育、テスト学

流暢さ(単純な英語を速く簡単に理解する能力)と語彙力と英語の熟達度の間の関係を研究しています。

佐藤 桐子

研究領域:英語学、英語史

イギリスという島国で誕生した英語が国際語となるまでの変化や発展の過程を英語国民の歴史を背景に研究しています。

白井 春人

研究領域:フランス演劇/仏語教育法

18世紀フランスの劇作家Marivaux研究から、舞台芸術の現在の発展に関しての研究まで幅広く行っています。

フランソワ・ルーセル

研究領域:教育史/フランス語教育

日本とフランスの教科書、日本におけるフランス教育機関の歴史、異文化教育などを研究しています。

三島 篤志

研究領域:通訳研究・通訳教育

通訳のメカニズム、通訳教育、通訳訓練法の英語教育への応用などについて研究しています。

ロバート・J・シグレー

研究領域:コーパス言語学、社会言語学

英語の慣用法における変異と変化を記述し、説明することを研究しています。

講師
梅本 孝

研究領域:認知言語学、応用言語学

認知言語学の枠組みで、英語の前置詞について研究を行っています。

大津 明子

研究領域:英語教育学、応用言語学

英語を母語としない者同士が英語でコミュニケーションする際の特徴と、英語教育への示唆。主にESP(ビジネス)のコンテクストで質的調査・分析をしています。

小野寺 賢一

研究領域:近代ドイツ思想・文学

ヘルダーリンやベンヤミンの文書の解釈を通じて、書くことや読むことの意味について考察しています。

須嵜 文明

研究領域:低地ドイツ語及びドイツ方言

かつて北部ドイツを中心に使用されていたのが低地ドイツ語。その語形変化および、分布状態の研究。

中尾 千鶴

研究領域:生成文法統語論、日英比較統語論

生成文法理論の枠組みにおける日英比較統語論研究が専門です。現在は、種々の削除構文を取り上げて、普遍文法の観点からの説明に取り組んでいます。

中村 隆之

研究領域:フランス語圏カリブ海文学

奴隷貿易でカリブ海地域へ連行されたアフリカ人。混淆文化を生きるその子孫がフランス語で表現する文学を研究しています。

藤井 康成

研究領域:会話分析・談話分析

社会の構成員が、実際どのような方法でコミュニケーションを取り、その相互行為の秩序を維持していくのかを探求する研究です。

特任講師
齋藤 俊輔

研究領域:ポルトガル語圏研究

前近代におけるポルトガル人のアジア進出と現代における在日ブラジル人の定住化に関する研究を並行して進めています。

助教
長谷川 千春

研究領域:騎士道概念・アーサー王文学

中世イギリス文学を中心に、騎士の行動規範・理想道徳、またその矛盾などを研究しています。

日本語学科

教授
上村 圭介

研究領域:言語政策・日本語教育学・情報社会学

社会や技術・メディアの変化が、言語間の格差や私たちの言語生活、言語政策にどのように影響するのかを研究しています。

藏中 しのぶ

研究領域:日本文学・比較文学・比較文化学

日本文学の立場から、人物伝や説話・漢詩文の表現について、原作(出典)との関係を考える比較文学研究(出典論)です。

須田 義治

研究領域:日本語学・アスペクト

現代日本語の文法、特にアスペクトについて、形態論、構文論、テクスト論などの観点から研究しています。

田口 悦男

研究領域:応用言語学・英語教育

外国語の習得は母語とどのように異なるのか、また、外国語習得に特有の現象は何かについて研究しています。

田中 寛

研究領域:日本語学・対照言語学・日本語教育学

日本語教育に役立つ日本語文法の研究、及び日本語とタイ語を中心とした対照比較研究を進めています。

寺村 政男

研究領域:近世漢語・東アジアの言語接触

東アジアの諸民族の言語(漢語、蒙古語、満洲語、古代日本語)とその影響関係を考える研究です。

中道 知子

研究領域:日本語学

ことばの意味を扱います。多義語や類義語などについて、日本語を主な対象として分析します。

福盛 貴弘

研究領域:実験音声学・言語学

日本語の諸方言や外国語の音声に対して、いわゆる声紋分析や脳波実験を行って話し言葉の仕組みを探ります。

特任准教授
青木 淳子

研究領域:歴史学・歴史情報学・比較文化学

近現代の雑誌や文学などを資料として、ファッションなど身近な文化的事象から、日本文化の特性を明らかにしていきます。

講師
前田 理佳子

研究領域:日本語教育学・多文化教育学

日本語教育に関わる人が異文化間コミュニケーターとして成長するプロセスを研究しています。

助教
高野 愛子

研究領域:日本語教育学

日本語の場面による文体の使い分けについて、外国人学習者が適切に理解・運用できるような研究と実践を行っています。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ