大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2018年08月24日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。経済学部社会経済学科4年の中村俊介です。私は今年の2月からオーストラリアのグリフィス大学付属の語学学校に通っています。2月から1年間の留学ですが、早くも残すところ約半年となりました。今回は学校についてと学校後の時間の過ごし方を紹介します。

 

【学校について】
 私の通っているグリフィス大学の語学学校はレベルが1~7までのクラスに振り分けがされており、1~4までのレベルは基礎的な文法等の学習、5~7はグリフィス大学へ進学する事を意識した学術的な内容となります。私は現在レベル5で学習していますが、現在では授業内で文法を取り扱う事はほぼないです。ですが、万が一授業の内容だけで物足りない場合は、文法の補修授業を週に2回受けることが出来ます。語学学習のみの留学目的で、グリフィス大学に進学する予定のない人はレベル6のクラスが一番上クラスになり、レベル7には上がることが出来ません。なので、語学留学でグリフィス大学の語学学校に行こうと考えている方はこれらを把握した上で留学計画を検討した方が良いかと思います。

 

 

【学校後の生活】
 私は週にかなりの頻度で学校とは関係のない外部の外国人交流会に参加しています。外国人交流会では現地の方とも話す機会を得ることが出来ます。最近では交流会の中で知り合った人(留学生同士)と交流会終了後にご飯を食べに行ったり、休みの日に一緒にどこかへ出かけたりすることもあります。また、教会で行われる外国人交流会では月に1度無料で夕食が振る舞われます。誰でも参加する事が出来る上にデザートもついてくるのでオススメです。また、交流会の中でルームメイトを募集している現地の方や、留学生と出会う事があります。家探しはネットで探すとタイミングによって時間がかかったり、大変だったりするのでこういった情報はありがたいことだと思います。

 

 

【最後に】
写真は月に一度の無料ディナーの一部と交流会の様子です↓

 

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ